『ファイトソング』清原果耶&間宮祥太朗 笑顔でクランクアップ、ついに最終回

TV 公開日:2022/03/15 31
この記事を
クリップ

今夜最終回を迎える火曜ドラマ『ファイトソング』(TBS系)。約4か月に及ぶ撮影がクランクアップを迎えた。



本作は、夢破れたスポ根ヒロイン・木皿花枝(清原果耶)、一発屋ミュージシャン・芦田春樹(間宮祥太朗)、そしてヒロインを一途に思う幼なじみ・夏川慎吾(菊池風磨)の不器用な3人の、じれったくて切ない恋と成長を描いたヒューマンラブコメディ。


全シーンを撮り終え、スタッフから花束を渡された清原は、民放ドラマ初主演で注目の中、撮影を走り抜き無事クランクアップしたことに安堵の表情を見せ、共演者やスタッフへの感謝の気持ちを語った。


共に乗り越えてきた間宮は、終始笑顔でスタッフらと共に完走の喜びを分かち合った。


<清原果耶コメント>

約4か月の撮影期間があっという間でビックリしました。クランクインした時は木皿花枝という役がどういう女の子か苦戦したこともありましたが、監督やスタッフのみなさんとも話し合いながら、みなさんで『ファイトソング』を築き上げてきた感覚があります。間宮さんやキャストの皆様にも助けていただいて、こうしてクランクアップを迎えることができました。もう明日から現場がないことに「本当に!?」と思うのですが、ここでの経験を次に活かして頑張りたいと思います。ありがとうございました。


<間宮祥太朗コメント>

清原果耶さんとの初めての共演シーンが懐かしいです。僕は「スタートライン」を歌わせていただいたりと、貴重な経験をさせていただきました。『ファイトソング』はすごくあたたかい作品ができたと思います。何より清原果耶さんが素晴らしい演技で、素敵な花枝と一緒に恋の取り組みをし、別れて2年後のシーンも一緒に演じることができて本当に楽しかったです。ありがとうございました。


ついに結末に向けて走り出す『ファイトソング』。花枝、芦田、そして慎吾の運命は!? 家族や仲間たちのたくさんの優しさと愛に見守られながら、彼らはどんな幸せを掴むのか!?不器用でもまっすぐな思いが起こす、恋の奇跡をお見逃しなく。最終話は今夜10時から放送。


1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 3件)