『真犯人フラグ』最終回 すべての謎が明らかに、SNSに投稿された小説は“切り札”?

TV 公開日:2022/03/12 9
この記事を
クリップ

日曜ドラマ『真犯人フラグ』(日本テレビ系)が、ついに13日(日)最終回を迎える。半年間の壮絶な戦いに終止符が打たれる。



凌介(西島秀俊)の妻・真帆(宮沢りえ)と瑞穂(芳根京子)との接点が明らかになり、逮捕された一星(佐野勇斗)と朋子(桜井ユキ)が何者かに脅されていたことが判明した前回第19話。行方をくらましていた瑞穂が姿を現し、あす放送の最終回で、すべての謎が明かされる。


凌介と日野(迫田孝也)の目の前で、対峙する瑞穂と河村(田中哲司)。瑞穂には数々の疑惑が残っていた。


なぜ真帆と3年前から知り合いだったことを黙っていたのか? なぜ真帆に接近したのか? なぜ林(深水元基)を殺したのか、と河村に問われた瑞穂は何を語るのか…? 


そして、SNSに投稿された小説。瑞穂の字に酷似していて、真犯人しか知り得ない事実も書かれているようだが、妄想なのか、真実なのか…。一方、阿久津(渋川清彦)から小説について聞かれた一星は、それは自分の“切り札”だと答える。はたして、一星の真意とは…?


ついに“真犯人”が明らかに!真帆の行方、林殺害、脅迫と謀略… すべてが暴かれた時、最後に凌介が打つ、終止符を見逃すな!最終回は、あす3月13日(日)よる10時30分放送。


<最終回 ストーリー>

凌介(西島秀俊)は日野(迫田孝也)とともに、対峙する瑞穂(芳根京子)と河村(田中哲司)を見つめていた。河村は瑞穂に、事件との関わりを話すようにと迫る。


林(深水元基)に殺意を抱いていた瑞穂は、真帆(宮沢りえ)に接近した理由を話し始める。河村は、なぜ林を殺したのかと瑞穂を問い詰め…!?


拘留中の一星(佐野勇斗)は阿久津(渋川清彦)に、SNSに投稿された例の小説について聞かれる。小説には真犯人しか知り得ない事実も書かれているが、妄想なのか真実なのか…。


ついに“真犯人”が明らかに!!それは、信頼した部下なのか、支えてくれた友なのか、愛する妻なのか?それとも…!?すべての謎が明かされ、最後に凌介が打つ、終止符とはーー!?



■『真犯人フラグ 真相編』
毎週日曜よる10時半~11時25分放送

(C)日本テレビ

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 5件)