宮城県出身・本郷奏多『NスタSP東日本大震災11年「つなぐ、つながる」』ナレーターに決定

TV 公開日:2022/03/10 6
この記事を
クリップ

東日本大震災から11年、TBSは今年も被災地の今を見つめる「つなぐ、つながる」プロジェクトを展開している。3月11日(金)午後1時55分からは本プロジェクトのメインとなる『NスタSP東日本大震災11年「つなぐ、つながる」』を放送。このたび、宮城県出身で俳優の本郷奏多に「つなぐ、つながる」プロジェクトへの参加を打診。ナレーターを務めることが決定した。




本プロジェクトは3月5日(土)からスタートし、13日(日)までの9日間、『JNNニュース』『Nスタ』『news23』『報道特集』『サンデーモーニング』の各報道番組で、震災をきっかけに命と向き合い、命を守る取り組みを続ける人々や、東北の新しい街づくりを支える各地の動きなどを紹介する。また、頻発する災害から命をどう守るのか…防災の観点から過去の津波や地球温暖化に伴う未来の津波を分析し、検証する。


番組では、震災が発生した午後2時46分の各地の表情を生中継で伝える。また、注目するのは、復興に汗を流す若者たちによる、“ゼロからの出発”だからこそ可能な新しい挑戦だ。ガレキの撤去から環境保護へと前進した三陸のボランティアダイバーや、過疎に悩む街に新しい風を吹き込むべく気仙沼に移住した女性たち、大切な人を守るため“最強の防災アプリ”を開発したエンジニアなどの活動を取り上げる。それらの取り組みから見えてきたのが“持続可能で誰一人取り残さない社会をつくる”というSDGsの考え方だ。SDGsが目指すゴールは2030年。被災地の若者たちがどのような未来を描いているのか伝えていく。


<東日本大震災11年プロジェクト「つなぐ、つながる」>

【SNS企画「#つながるおもい」投稿方法】
東日本大震災にまつわるあなたの“思い出の品”や“想い”を、ハッシュタグ「#つながるおもい」をつけて投稿してください。どのSNSからでも構いません。許可をいただけた投稿については、公式サイト上に掲載させていただく可能性がございます。

【テーマソングを被災地支援につなげる試み】
今回の「つなぐ、つながる」プロジェクトを後押しするテーマソングはGReeeeNの『蕾 -Orchestra ver.-』。昨年の同プロジェクトのテーマソングとしてGReeeeNが書き下ろした『蕾』を、作曲家・服部隆之がオーケストラバージョンにアレンジした楽曲だ。『蕾 -Orchestra ver.-』は昨年5月にデジタルシングルとして発売。日曜劇場『TOKYO MER~走る緊急救命室~』の主題歌『アカリ』のカップリング曲としてCD化もされていて、この曲の収益の一部はTBSからジャパン・プラットフォームを通じて福島県の被災地に寄付される。


■『NスタSP東日本大震災11年「つなぐ、つながる」』
3月11日(金)午後1:55~3:49
【ナレーター】本郷奏多

(C)TBS

※本記事は掲載時点の情報です。