『逃亡医F』ついに安田顕“佐々木”との直接対決、命がけの勝負が始まる

TV 公開日:2022/03/09 7
この記事を
クリップ

大好評放送中のドラマ『逃亡医F』。3月12日に放送される第9話の場面写真が本日解禁となった。



妙子(桜庭ななみ)が生きていると烏丸(前田敦子)から知らされた、藤木(成田凌)と拓郎(松岡昌宏)、美香子(森七菜)。


藤木は、佐々木(安田顕)が開発した画期的な新薬「ガイスト」と、妙子の遺した研究である「DDSη(イータ)」を一緒に使うことが昏睡状態の妙子を救う唯一の方法だと知らされる。妙子を救い出すため烏丸とともに佐々木の元へと向かう藤木だったが、逆襲に遭い、敵地であるバイオネオに捕らわれてしまう。しかし藤木は、死の危険がある副作用を持っていた「ガイスト」を無毒化する方法に気付いたと佐々木に揺さぶりをかける。まさに、命がけの勝負が始まる。


その頃、拓郎と美香子も妙子を救い出すため、烏丸と協力してバイオネオを襲撃する作戦を立てていた。果たして、藤木たちは妙子を救い出すことができるのか。最愛の女性との再会。昏睡状態の恋人を救うために、黒幕との直接対決が始まる。最後に残された秘密が明らかになる第9話は3月12日 土曜よる10時放送。


【第9話あらすじ】

妙子(桜庭ななみ)が生きている……。烏丸(前田敦子)の言葉に動揺する、藤木(成田凌)と拓郎(松岡昌宏)、美香子(森七菜)。しかも、妙子が開発した「DDSη(イータ)」と、佐々木(安田顕)が開発した新薬「ガイスト」を併用しなければ、脳に損傷を受けた妙子を救うことはできないという。そして、死の危険を伴う副作用を持つ「ガイスト」の臨床試験を巡って、佐々木と妙子が対立していたことを聞かされる。藤木は、妙子を佐々木から奪い返すために、正面突破で佐々木に会いに行くことを決意。死の危険がある副作用を持つ「ガイスト」を無毒化する方法に気付いたと、佐々木に揺さぶりをかけ、「ガイスト」の提供を交渉する。一世一代の勝負で交渉を持ちかけた藤木に、佐々木は「バイオネオ」の中で妙子の治療を行うという条件で認める。その会話をきっかけに、藤木は「ガイスト」を無毒化する方法に、本当に気付くのだが……。方法が佐々木にバレてしまったら、妙子も藤木も“処分”されてしまう!果たして藤木たちは、妙子を救い出すことができるのか!?



■『逃亡医F』

毎週土曜よる10時放送

(C)日本テレビ

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 4件)