日曜劇場『DCU』制作陣の腕が光る、横浜流星の見せ場に称賛の声

TV 公開日:2022/03/08 40
この記事を
クリップ

八景島シーパラダイスでスマホを探し走り回る瀬能だが、残り時間は5分。やっぱり瀬能を演じる横浜の走る姿はカッコイイ。そういえば、TBSドラマでは走る姿のカッコイイ俳優が最近、多いように感じる。少し前では『MIU404』で伊吹藍を演じた綾野剛。『最愛』でも宮崎大輝役の松下洸平が見事な走りを見せていた。そして新名役の阿部寛も、とても57歳には見えない走りを見せていたことを忘れてはならない。


ついにターゲットとなっているスマホを見つけ、瀬能は壊そうと試みる。床に叩きつけ、何度も踏み砕き、最後は石を使ってスマホを叩き潰すが、どうしても電波は止まらない。床のスマホを踏んで壊そうとするとき、ちょっとジャンプしているところがお茶目である。残り時間は30秒もない。新名はスマホを持って駆け出し、新名を追って走る瀬能はカラーコーンに取り付けられたバーを、まるでハードル選手がごとく飛び越えていく。どれだけ制作陣は瀬能の走る姿を見せたいんだよ!完全に横浜ファンのツボを心得ているだろ!と言いたい演出。SNSでも走る回る瀬能に「建物内の短距離でさえその速さはなんなん?」「走ってるシーンまじでかっこよすぎ」「脚早過ぎてびびった」「走り方やハードルのフォームが完璧」など称賛の声が数多くあがった。


新名は電波が遮断された水族館のアーチ水槽に携帯を投げ込み、リモートカメラの動きは爆発寸前で停止した。


ラスト、新名が陰で動いていることを察した瀬能は新名を問い詰める。何も語ろうとしない新名に瀬能は「その父の鍵、返してください」と言うと、少し笑みを浮かべながら瀬能に鍵を渡し去っていく。



そんな瀬能に再び接触を図った成合は、瀬能の父がテロリストと繋がりがあったことを知らせ…。次回は成合が潜伏していると思われる場所に新名が極秘捜査を試みる。果たして成合は敵か味方か、そして瀬能のなくしていた記憶は…?


【関連】日曜劇場『DCU』深まる謎、瀬能(横浜流星)は記憶を取り戻せるのか


文:今 泉


2/3ページ

この記事の画像一覧 (全 26件)