増田貴久、順風満帆なイケメン人生を送っていたが…『吉祥寺ルーザーズ』でドラマ主演

TV 公開日:2022/03/07 10
この記事を
クリップ

テレビ東京では、秋元康が企画・原作を務める完全オリジナルドラマ『吉祥寺ルーザーズ』を4月クールの月曜23時台の連続ドラマとして放送することが決定した。本作は、人生の負け組6人がひとつ屋根の下シェアハウスで一緒に暮らす日々を描いたシチュエーションコメディドラマ。主演・増田貴久、ヒロイン・田中みな実、さらに國村隼ほか豪華共演者も解禁された。





6人の負け組たちのシチュエーションコメディ

物語の舞台は不動の人気タウン東京・吉祥寺。なぜか安い家賃に、不可思議な募集方法、そして、謎の開かずの扉…。そんな、謎めいたシェアハウスで、性別も年齢も職業もバラバラのルーザーたちの奇妙な共同生活が今始まる。女子高の教師として順風満帆なイケメン人生を送っていたが、ある出来事がきっかけで心がポキッと折れてしまった主人公・安彦あびこ聡さとしを演じるのは、NEWSの増田貴久。テレビ東京のドラマは、ドラマホリック!『レンタルなんもしない人』(2020年4月)以来2回目の主演となる。


さらに、シェアハウスに住む個性豊かな住人には、豪華キャスト陣が集結。現在、夫と離婚調停中の元女性ファッション誌の編集長・大庭おおば桜さくら役には、フリーアナウンサーとして人気番組のMCを務める傍ら、美のカリスマ的存在でファッション誌のモデルや映画・ドラマへの出演も絶えず、幅広い活躍をみせる田中みな実。全く売れていないが自称芸人で実演販売員・秦はた幡多まんた役は、お笑い芸人・俳優・彫刻家とマルチな才能を持ち、俳優としては『あなたの番です 劇場版』(日本テレビ)映画『99.9-刑事専門弁護士-THE MOVIE』など数々の話題作にも出演する片桐仁。また、博多から上京してきた生意気なキャバ嬢・望月もちづき舞まい役には、HKT48の初代センターとして活躍し、今年4月に卒業を控える田島芽瑠。卒業後は女優の道へ進みたいという田島にとって、アイドル卒業後、初のドラマ出演となる。


そして、普段は真面目なのにギャンブルに溺れ借金まみれの公務員・胡桃沢くるみざわ翠みどり役には、その特徴的な声でナレーターや女優として個性を発揮し、直近では連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』(NHK)での好演も話題の濱田マリ。さらに、元広告代理店勤務のエリートながらリストラされた天涯孤独の男・池上隆二いけがみりゅうじ役には、『鎌倉殿の13人』(NHK)『日本沈没―希望のひと―』(TBS)『生きるとか死ぬとか父親とか』(テレビ東京)等に出演し、深みのある演技に定評がある名優・國村隼が決定。豪華キャストがドラマを彩る。


「決して、勝ってはいないけど、負けてないところだってあるんだ」東京・吉祥寺に佇む謎めいた一軒家で不可思議なシェアハウス生活開始!?6人の負け組=ルーザーたちが織りなすシチュエーションコメディに期待が高まる。


秋元康(企画・原作)コメント

競争社会の中で、いつから、“勝ち組”“負け組”なんて言葉が使われるようになったでしょうか?生きにくい世の中です。誰もが、“ダメな自分”に落ち込むことがあります。そんな時に、「そんな生き方でもいいんだよ」と、勇気を貰えるドラマを作りたいと思いました。世間では、“負け組”と呼ばれる6人が、訳ありなシェアハウスで共同生活を送るうちに、他人の優しさや愛に触れ、忘れていた何かに気づく物語です。『全てに負けているわけじゃない』『勝ってるところだってあるじゃないか!』『人生、捨てたもんじゃないな』少しだけ、自分に自信を取り戻せた時に、他人と比較すること、他人と競い合うことの愚かさを知ります。『自分は自分でいいんだ』毎週、月曜日のこの時間、視聴者のみなさんが笑いながら、元気になっていただけたらと思います。


増田貴久らキャストコメント

<増田貴久(安彦聡 役) コメント>

【安彦聡】何かと人に突っ込まれやすい高校の非常勤講師。女子高の教師として順風満帆な人生を送っていたが、あるトラブルがきっかけで心が折れた《仕事から逃げたルーザー》


【増田貴久 コメント】

吉祥寺のシェアハウスに集まった訳ありのルーザーズ。この生活のシェアにどんな展開が待っているのか・・・開かずの扉とは・・・。笑ったり、ワクワクしながら見ていただけたらなと思います。キャストもクセの強そうな?!方々ばかりなので、どんな掛け合いになるのかとても楽しみです。片桐仁さんと久々の共演をさせて頂ける事も楽しみです!高校教師の役なので、先生ってどんな感じかなーと毎日想像しています。テレビ東京で連ドラのオファーをいただくのは2度目になります!前回はレンタルされてなんもしなかったですが、今回はなにか・・・するんでしょうか!?僕も楽しみながら撮影頑張ります。4月の夜はテレビ東京でシェアハウスにGO!!!!!!!


<田中みな実(大庭桜 役) コメント>

【大庭桜】夫とすれ違い離婚調停中の元女性ファッション誌の敏腕編集長。“出来るオンナ”を自負する出来る女だったが、その完璧主義が災いして孤立、離婚…《結婚生活に破れたルーザー》


【田中みな実 コメント】

「面白そう!」と、企画の段階からワクワクさせられました。台本をいただき、キャストの皆さんの顔ぶれを拝見して、いっそう期待感が高まりました。会話劇のようなお芝居は初めてで、役柄もこれまでに演じたことがないような人物です。色々とこじらせている、ちょっとお節介でひと言多い離婚調停中の35歳。自身と重なるところがあるような、ないような・・・。畳みかけるようにダダダダっと喋るところが随所にあるので久しぶりにアナウンサーの頃の教材を開いて活舌練習をしています。テンポがよくて、見やすく、気付けばクセになるドラマになりそうな予感です。愛すべきルーザーたちの負けっぷりを毎週あたたかく見守っていただければと思います。


<片桐仁(秦幡多 役) コメント>

【秦幡多】まったく面白くないツッコミを連発する自称・芸人。本職は実演販売員。自称・芸人だが、実際はまったく売れておらず…現在の主な仕事は実演販売という《まだ何もしてない楽天家ルーザー》


【片桐仁 コメント】

基本、シェアハウスの中での会話劇が中心なので「緊張感のあるやりとりになるだろうな~」と、始まってもいないのにブルってしまいました。もう緊張しています。増田くんという知り合いが居てくれるだけで、とても心強いです。あと、僕の演じるマンタは、脚本の池田さんがご自分を投影されてるのな?と台本を読んで思いました。とにかく、本番中もそうでない時も、共演者の皆さんやスタッフさんとの、細かいやり取りもドラマに生きてくると思うので、大切にしたいです。不意に失礼なことを言わないように気をつけたいです。以前、シェアハウスに取材に行ったことがあって、ひとつ屋根の下に住む、住民同士の絶妙~な距離感を見て、「こりゃドラマが生まれるなー」と思いました。そのリアリティが出れば、より楽しんでもらえると思っています。そこにルーザーズたちの過去のドラマが重なって、『何故この6人で暮らすのか?』という謎が明らかになっていく!こりゃ~面白いですよ!


<田島芽瑠(望月舞 役) コメント>

【望月舞】名前が本名かどうかすらわからない警戒心丸出しの生意気キャバ嬢。福岡の売れっ子キャバ嬢だったが、入れあげたホストのため詐欺行為を働き、逃亡生活中の《ダメンズ・ルーザー》


【田島芽瑠 コメント】

シチュエーションコメディってどんな感じになるのだろうとワクワクしておりました。台本をいただき初めて扉を開けた時に住人達の会話を覗き見しているような感覚になり新しい風を感じました。クスッと笑える部分もあれば、共感できるところもあって、何気ない会話の中で「言われてみれば」とふと考えさせられたり。1つ屋根の下で繰り広げられる6人の個性のぶつかり合いが面白いと思いました。人生の負け組と言われた住人達。そんなルーザーな私たちがシェアハウスを通してどう変化していくのかとても楽しみです。

私が演じる望月舞ちゃんの最初の印象はバリアが多い女性でした。分かりやすそうに見えて凄く難しい。誰にも舐められたくないし、弱いところを見せたくない。信じたいと思ったものはとことん信じたい。好きな人には何でもしてあげたい。だって好きだから、嫌われたくないから。そんな真っ直ぐな部分がとても愛おしいです。これから作品作りが始まり彼女と向き合う事でどんどん好きになっていくだろうなと感じています。そんな彼女の強さも弱さも全てぶつけて、皆さんに愛していただける存在になれるよう頑張りたいと思います。個人的には片桐仁さん演じる秦幡多さんと望月舞のやり取りがとても好きなので楽しみです。

皆様の日常に楽しみの一つとして「吉祥寺ルーザーズ」が加われたら嬉しいなと思います。私自身初めての連続ドラマ撮影なのでとても緊張していますが、精一杯頑張ります。よろしくお願いします。


<濱田マリ(胡桃沢翠 役) コメント>

【胡桃沢翠】ワケあってお金はないが、仕事は真面目な公務員。市役所で働く真面目な公務員だったが、パチンコがきっかけで泥沼に。《ギャンブルで身を落とした借金ルーザー》


【濱田マリ コメント】

6人の住人は皆、とても可愛いらしいなぁと思います。そして早くこのドラマが見たい!と思いました。ってこれから実際に演じるワケですが。セリフ量が多く、テンポ感も重要になると思うので、台本を読みながら体の各所から汗が噴き出しております。セリフをしっかり覚えて現場に入って、撮影を楽しみたいです。集中力をマックスにして、ルーザーズの皆さんと“ゾーン”に入るようなお芝居をしてみたいです。翠はギャンブル好きの公務員なので、それぞれにスイッチする瞬間を大切に演じたいです。視聴者の皆さんには、是非とも“推し住人”を決めていただき、応援してほしいです。ちなみに私の推しは、國村隼さんが演じられる池上です。


<國村隼(池上隆二 役) コメント>

【池上隆二】大手広告代理店をリストラされた元サラリーマン。エリート代理店営業マンだったがあえなくリストラされ、家族もおらず天涯孤独な≪昭和世代の寂しいルーザー≫


【國村隼 コメント】

このドラマは、シェアハウスという、2022年の状況をうまく使った設定の中で、そこに集まるクセの強い登場人物たちが織りなす人間模様です。シナリオは、現代社会のリアリティーを軽やかに面白く描いているなと感じました。また、映像作品なのですが、ワン・シチュエーションの舞台劇を観るような面白さもあります。これをどう映像化していくのか、それを楽しみに撮影に臨もうと思っています。今という時代を、この東京で〈懸命かつ健気〉に生きている登場人物たちをご覧になって、日々過ぎていく〈物事の見方や感じ方〉なんていうのを振り返ったりしながら、一日の終わりを軽く愉しんでみてください。或いは、「ドキッ!」として下さい。


稲田秀樹(テレビ東京)プロデューサー コメント

秋元康さんとのお仕事は一昨年秋に放送され話題を呼んだ『共演NG』以来となります。 いつもそのアグレッシブでトライアルな企画力には感嘆させられますが、今回稀代のヒットメーカーである秋元さんが選んだ題材はなんと“シットコム”。古くは「奥さまは魔女」に始まり、最近でも「フレンズ」や「ビッグバン・セオリー」などロングヒット作品の多いジャンルのドラマです。 描かれる舞台が限定され、おもに会話だけを武器に戦うこのシチュエーションコメディは、脚本、演出、お芝居それぞれに逆に高度なテクニックが要求され、日本ではなかなか成功例がありません。そこに果敢に挑戦するのが『吉祥寺ルーザーズ』です。

そんな面白い試みに、これ以上望めない素敵なメンバーが集まってくれました。昨今、俳優業でめざましい活躍を見せる 増田貴久さんをはじめ、田中みな実さん、國村隼さんら人気と実力を兼ね備えたキャスト陣。そして脚本には役者業のかたわら舞台の作・演出など幅広い活動で注目の池田テツヒロさん。演出にはこれぞシットコムの金字塔・映画「キサラギ」を手掛け、ヒット作を連発する佐藤祐市さん。もう安心しかありません。現在、絶賛制作中の台本もめちゃめちゃ面白いです! 人生の負け組たちが「テラスハウス」をやるとこうなっちゃうんだろうな…という感じで、毎回、笑って笑って笑って、でも最後にちょっと「ほっこり」する、そんなドラマになると思います。4月からの月曜の夜、少しばかり奇妙な住人たちと一緒に楽しい共同生活を送って貰いたいです。ぜひご期待ください!


イントロダクション

吉祥寺のとあるシェアハウスに引っ越して来た6人は、高校教師の安彦聡(増田貴久)、元ファッション誌編集長の大庭桜(田中みな実)など、性別も年齢も職業もバラバラ。オーナー代理曰く、倍率17倍から選ばれた“負け組=ルーザー”の集まりらしい。また、鍵が掛かった部屋に絶対入らないことがここに住むルールだとも――。6人はなぜ負け組に?謎のオーナーの狙いは?開かずの部屋に一体何が?ルーザーだらけの奇妙な共同生活が今始まる!


■ドラマプレミア23『吉祥寺ルーザーズ』

2022年4月スタート 毎週月曜夜11時06分~11時55分放送
放送局:テレビ東京、テレビ大阪、テレビ愛知、テレビせとうち、テレビ北海道、TVQ九州放送
配信:地上波放送終了後、動画配信サービス『Paravi』『ひかりTV』で配信

出演:増田貴久 田中みな実 片桐仁 田島芽瑠 濱田マリ / 國村隼
企画・原作:秋元康
製作著作:「吉祥寺ルーザーズ」製作委員会

©kurigami


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 4件)