『探偵が早すぎる』続編が4月スタート、広瀬アリス「テレビ的にギリアウトぐらいを…」

TV 公開日:2022/03/06 30
この記事を
クリップ

滝藤賢一広瀬アリスがW主演を果たした2018年7月期の連続ドラマ『探偵が早すぎる』(読売テレビ・日本テレビ系)。2019年12月にはスペシャルドラマも制作された人気コメディ・ミステリーが2022年4月期、再び連続ドラマ『探偵が早すぎる~春のトリック返し祭り~』として放送されることが決定した。



『探偵が早すぎる』がパワーアップして帰ってくる

ほんの些細な違和感やミスを察知し未然に殺人計画を防いでしまう、“早すぎる探偵”こと千曲川光(滝藤賢一)。


千曲川の活躍によりSeason1で父の遺産5兆円を相続した十川一華(広瀬アリス)だったが、Season2となる本作『探偵が早すぎる~春のトリック返し祭り~』では別の財閥の遺産2000億円も相続することになり、その一族の人間からまたも命を狙われることに…。犯人が仕掛けたトリックと同じ方法で返り討ちにする“トリック返し”を得意とする千曲川。今回も凶悪な刺客たちに向け、千曲川の華麗なトリック返しが冴え渡る!


もちろん、冷静沈着にして様々な資格や免許を習得しているスーパー家政婦・橋田政子役の水野美紀もレギュラー出演。


千曲川と一華、橋田のコミカルな掛け合いと共に、社会人となった一華と先輩&財閥のイケメン令息との恋模様も見どころとなっていく。またSeason1以上にクセ強な新キャラが多数加わり、一華の命を狙う刺客など豪華ゲストも登場する。さらなるパワーアップを遂げた『探偵が早すぎる~春のトリック返し祭り~』は、4月14日木曜よる11時59分スタート。


コメント

<滝藤賢一 コメント>

●続編が決まった時の感想は?

シーズン1、スペシャルを評価していただけた喜び、また千曲川光を演じることができる喜びを噛み締めております。そして、広瀬アリスさん、水野美紀さん、シーズン1から変わらぬスタッフさん達と、時間を共にできることが何よりも嬉しいです!『探偵が早すぎる』は私にとって宝物のような大事な作品ですので、丁寧にひとつひとつふざけまくりたいと思います。


●シーズン1の思い出は?

連日40度近い真夏の桐生で、みんなに喜んでもらおうと、有名なパン屋さんのラスクを差し入れしたのに、大ブーイングを浴びたことですかね(笑)口パッサパサなるわ!って水野美紀さんにお叱りを受けました。あるシーンの直前に“ここは全裸でやりたい“と言ったら、プロデューサー陣に全力で止められたこともありました。一部始終を見ていた水野美紀さんに、大して良い体してないのに脱ぎたがるな!とお叱りを受けましたね。私が、あまりに勝手に色んなことをやり過ぎて、監督が水野美紀さんに『滝藤さんのやってることが面白いのか分からないんですよね』と相談していた。台本に一言もアクションと書かれてないのに、アクションをしまくる水野美紀さん。コレ、アリスもあるので終わらないですね(笑)次回、アリスで。


●千曲川をどう演じたいですか?

カッコ良く!この一言に限ります。シーズン1、スペシャルと全力でふざけ倒した(ちょけまくった)ので、シーズン2こそはカッコ良くいきたいっす!あとは、今回も変わらず大量の小道具を発注しております。もはや小道具と広瀬アリスさんのツッコミなしで千曲川を演じることは至難の業です。豪華なゲストの方々とのセッションを存分に楽しみたいです!


●久しぶりに広瀬さんに会っていかがですか?

野生味溢れたやんちゃな少女だったアリスが、久しぶりに会ったらとても素敵な女性になられて。なんだか感慨深く、ドキドキしました。この4年で色んなことを経験してきた広瀬アリスさんと、また1クール、作品を共にできることは心強く楽しみでなりません!


●シーズン2の台本を読んで感想は?

宇田さんワールドが炸裂ですね!シーズン1、スペシャルで私達が作り上げてきたアドリブやキャラクターが反映されていて、より一層パワーアップしておりました!もはやアドリブすら台本に書かれている感じです(笑)宇田さんの台本をもとに全力でカッコ良くふざけたいと思います!


●見どころお願いします!

『探偵が早すぎる』の強みは、特にメッセージがないことだと思っております。ただただ深夜に何も考えず観れるお気楽なドラマだと、自信を持って言えます。笑いアリ!涙なし!元気を皆様に届けたい!その一心でスタッフ、キャスト一団となって撮影に挑みたいと思っております。


<広瀬アリス コメント>

●続編が決まったときの感想は?

やっぱり私たち、求められてるんだなと思いました(笑)。続編を作れる作品は限られているので、お話をいただけただけでありがたいことですし、監督さんやスタッフさんもほぼ一緒なことがめちゃめちゃうれしかったです。


●改めて今までの撮影を振り返り、思うことはありますか?

自由にノビノビ過ごせる現場だったので、とにかく楽しい毎日でした。ギターの弾き語りや変な扮装も楽しかったですし、水野(美紀)さんが千曲川と一華にではなく、だんだん、滝藤(賢一)さんと私に対して言っているじゃないかと思うようなアドリブを言うのも面白かったです(笑)。ここまで振り切ったコメディをやるのは私にとって初めてでしたが、『探偵が早すぎる』は真剣にふざけて大笑いしていることが多いので、ストレスがまったくなくて。また、あの楽しい日々が過ごせるんだなと考えたら、撮影前からゾクゾクしています。


●『探偵が早すぎる』に出演したことで、どんな反響がありましたか?

私の出演している作品に興味のない兄が、『探偵が早すぎる』はハマッたんです。特に私が桐山蓮さん(シーズン1での登場)の前でずっとふざけているシーンが今でもときどき見返しているぐらい、大好きなシーンらしいです。自由に自分のすべてを解放したので、今まで見たことのない私が映っていたのかもしれません。解放し過ぎたので周りから心配もされましたが、あれから何年か経ち、私も立派な大人の年齢になりましたので、うまくギリギリを攻めて行けたらと考えています。滝藤さんや水野さんが私を転がすのが上手なので、作戦がうまく行くか分かりませんが(笑)


●改めて一華という女性をどう捉え、シーズン2でどんな変化があると感じていますか?

シーズン1のときはまだ学生だった一華も、シーズン2で社会人になりました。千曲川さんや橋田さんといるときは今までと同じですが、それ以外のところではちょっと大人な一面も見せられるのかなと考えています。今回も、一華がときめく男性が現れるのですが、その人との恋愛っぽいシーンもあるということで、そこも見どころになってくれたらと思っています。


●最後に、見どころとメッセージを

シーズン2も台本を読んでいるだけで千曲川さんや橋田さんと楽しそうに過ごしている姿が浮かんできて、テイストは変わっていないと感じました。原作者の方も“楽しく好きにやってください”とおっしゃってくれたそうですし、その期待に応えて、テレビ的にギリアウトぐらいを攻めていきたいです(笑)。木曜の夜11時59分からは、ぜひ『探偵が早すぎる』を見て大笑いして、いい夢を見ていただきたいです。


1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 4件)