亀梨和也、ここでしか聞くことのできない貴重なインタビュー映像公開『連続ドラマW 正体』

TV 公開日:2022/03/04 22
この記事を
クリップ

いよいよ放送スタートが来週に迫ったWOWOW『連続ドラマW 正体』より、主演・亀梨和也のスペシャルインタビューが到着。「器用に演じてしまったら鏑木ではない」と演じた役柄へのこだわりから、「各エピソードごとに全然違った魅力がある作品」とアピールするなど、ここでしか聞くことのできない貴重な内容。さらに追い詰められ、緊迫した新たな場面写真も解禁。そして史上初!?の“逃走”型⾐装展の実施も決定した。


ドラマにCMにスポーツキャスターまで、近年目覚ましい活躍を見せている亀梨和也をWOWOWの連続ドラマ初主演に迎え、興行収入23億円を超えて昨年を代表する大ヒット作となった『事故物件 恐い間取り』でもタッグを組んだ中田秀夫監督、さらには黒木瞳市原隼人貫地谷しほり堀田真由濵田崇裕ジャニーズWEST)、音尾琢真若村麻由美高畑淳子上川隆也らと共に、染井為人の傑作サスペンス「正体」(光文社文庫刊)の映像化に挑む。

【関連】亀梨和也の誕生日記念『連続ドラマW 正体』全扮装パターンを網羅した予告編公開



ある夫婦の殺人事件の容疑者として逮捕され、死刑を宣告された鏑木慶一。移送中に脱獄した彼は、逃走しながらも潜伏先で出会う人々を様々な窮地から救っていく。何故、彼は人々を救っていくのか─。果たして彼の本当の“正体”とは─。

この度、本作の主演・亀梨和也のスペシャルインタビューが到着した。「一筋縄ではいかない、作品の中におけるエンターテインメント性が非常にある作品だと思った」と、まずは【初めて脚本を読んだ時の感想】を口にし、続けて【今作の役どころについて】の質問には「白に近いグレーな人間。真っ白じゃない人間」と独自の視点で自身が演じた鏑木というキャラクターを分析している様子。劇中で様々な扮装する役柄に伴い【様々なキャラクターを演じる事について】の問いかけには「演じ分けをしてしまうとリアリティが欠けてしまう。器用に演じてしまったら鏑木ではない、楽な所に⾏かないことを心掛けた」とストイックなこだわりも垣間見せた。

今作で2度目のタッグとなった【中田秀夫監督について】の質問には「その時のベストを判断する能力、監督のその潔さはすごい好きですね」と全幅の信頼を寄せている様子も伝わってくる。そして【「正体」の見どころ】については「各エピソードごとに全然違った魅力がある作品。その中に鏑木が存在している、この存在をどうみなさんが捉えてくれるか、それが一番大きな見どころになっていくんじゃないかな」とアピールし、演じる鏑木が「どう生き抜くか、どう存在するかが1つ大きなテーマ。各エピソード出てくる人たちとの巡り合わせ、空気感、何かを感じてもらえるような作品になるんじゃないかなと思います」と自信たっぷりの表情で締めくくっている。

また、迫る警察の包囲網に追い詰められ、包丁を手に堀田真由演じる舞を人質に取った場面写真も解禁された。さらに明日5日(土)より、亀梨が本編で着用した衣装4体を載せたトラックが都内を主人公の鏑木さながら“逃走”する、史上初!?の“逃走”型衣装展の実施も決定した。


■WOWOW『連続ドラマW 正体』

3月12日(土)スタート(全4話)毎週土曜夜10:00 放送・配信
出演:亀梨和也 黒木瞳 市原隼人 貫地谷しほり 堀田真由 濵田崇裕(ジャニーズWEST) 音尾琢真 若村麻由美 高畑淳子 / 上川隆也

(C)WOWOW


▼『連続ドラマW 正体』亀梨和也SPインタビュー映像

※本記事は掲載時点の情報です。