『やんごとなき一族』豪華キャスト競演、渡邊圭祐は松下洸平と兄弟役

TV 公開日:2022/03/03 34
この記事を
クリップ

4月期の木曜劇場やんごとなき一族』に、渡邊圭祐松本妃代馬場ふみかが出演することが決定した。




『やんごとなき一族』初回放送日が決定

フジテレビでは、4月から土屋太鳳主演の木曜劇場『やんごとなき一族』を放送する。初回放送日が4月14日(木)に決定した。庶民の家庭から上流社会の一家に嫁ぐことになった主人公・篠原佐都(しのはら・さと)が、理不尽な家のしきたりや親族内の複雑な人間関係に翻弄されながらも、松下洸平演じる夫・深山健太(みやま・けんた)とともに真正面から立ち向かい奮闘する“アフター・シンデレラ・ストーリー”を描く。原作は現在『Kiss』(講談社)で連載中の、こやまゆかり作の同名コミック。土屋、松下をはじめ、尾上松也松本若菜といった豪華なキャストが顔をそろえる。


渡邊圭祐、松本妃代、馬場ふみかが出演

このたび、渡邊圭祐と松本妃代、馬場ふみかの出演が決定。三人は物語の舞台である深山家の個性的なきょうだいを演じる。

渡邊圭祐が演じるのは深山家の三男・深山大介(みやま・だいすけ)。佐都の義弟にあたる人物で、当主である父・圭一(けいいち)に与えられた美容クリニックのオーナーとして働いている。妻のリツコ(松本妃代)とともに一流の品々に囲まれるきらびやかな生活を送っており、一見誰もが憧れるような、仲むつまじい理想の夫婦だと思われている。しかし実際は、圭一が深山家の利益のために強引に進めた政略結婚であり、その夫婦仲は冷え切っている。きょうだい仲は決して悪くないのだが、恋愛結婚をした兄・健太には複雑な思いを抱いていて…。大介の奔放で楽天家な性格が招いたある行動が、リツコの大きな悩みの種となっていく。


演じる渡邊は2018年に『仮面ライダージオウ』(テレビ朝日系)の仮面ライダーウォズ役で俳優デビューし、一躍注目を浴びる。その後も『恋はつづくよどこまでも』(2020年1月期/TBS)や『MIU404』(2020年7月期/TBS)、『直ちゃんは小学三年生』(2021年1月期/テレビ東京)、『恋はDeepに』(2021年4月期/日本テレビ系)など、立て続けに話題作に出演。昨年には木曜劇場『推しの王子様』(2021年7月期/フジテレビ系)で、主人公と出会い成長していく“残念すぎる王子様”を好演したことも記憶に新しい。


一方、松本妃代が演じるのは大介の妻であり、佐都の義妹にあたる深山リツコ(みやま・りつこ)。日本一のホテルチェーン「ザラスホテルグループ」の一人娘であり、日頃から派手な生活をしている。政略結婚した夫・大介のことで大きな悩みを抱えながらも、その心中には秘めた思いがあるようで…。お互いを支え合う佐都夫妻の姿を見て、徐々に心を揺り動かされていく。


演じる松本は2014年に映画『劇場版 零~ゼロ~』で映画デビュー。その後も、映画『いなくなれ、群青』(2019年)、映画『映像研には手を出すな!』(2020年)など、数々の話題作に出演。昨年放送の連続テレビ小説『おちょやん』(NHK総合)では、主人公とともに切磋琢磨する劇団員を熱演し大きな話題となった。俳優業の傍ら、絵画アーティストとしても活躍しており、これまでに3度個展を開催するなどマルチな才能を発揮している。松本は現在放送中の木曜劇場『ゴシップ #彼女が知りたい本当の○○』にもゲスト出演しており、2クール連続での木曜劇場出演となる。木曜劇場にレギュラー出演するのは今回が初めて。


そして、馬場ふみかが演じるのは、深山家の末っ子で佐都の義妹にあたる大学生・深山有沙(みやま・ありさ)。深山家のきょうだいの中では唯一の独身。天真爛漫さゆえに歯に衣着せぬ物言いで、慕っていた兄・健太と結婚した庶民出身の佐都のことを“深山の恥”ということも。末娘ならではのわがままで二人を困らせることもしばしば。家族の在り方を変えようと奮闘する二人のことを冷めた様子で見つつも、深山家の時代錯誤ともいえるしきたりの数々にうんざりもしている。表向きには父・圭一(けいいち)に従っているが、家族には言えないある秘密を抱えていて…。


演じる馬場は、高校在学中の2014年に映画『パズル』で女優デビュー。その後、モデル活動などでも活躍し、2017年に『コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命-THE THIRD SEASON』で新米フライトナースを演じ一躍話題に。その後『深夜のダメ恋図鑑』(2018年10月期/朝日放送)、『ねぇ先生、知らないの?』(2019年12月期/MBS)、『3Bの恋人』(2021年1月期/朝日放送)など、話題作で相次いで主演を務める注目の若手女優のひとり。馬場が木曜劇場に出演するのは『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』(2019年1月期)以来3年ぶりで、レギュラー出演するのは初めて。


実力派の三人が三者三様の個性を発揮しながら、一癖も二癖もあるきょうだいたちを演じる姿に注目だ。ハッピーエンドのその後を描く、新時代の“アフター・シンデレラ・ストーリー”に期待が高まる。


1/2ページ