King & Prince 永瀬廉 全てアドリブで素のリアクション、神宮寺勇太も楽しそうに運転

TV 公開日:2022/02/28 7
この記事を
クリップ

本田技研工業株式会社のコミュニケーションプロジェクト「Hondaハート」のメッセンジャーを務めるKing & Prince永瀬廉神宮寺勇太、それぞれが出演する新TVCM『HondaハートHondaの想い』篇、ほか全5篇(2月22日(火)から放映の『Hondaハート難問を愛そう』篇含む)が作成された。2月28日(月)から始まる第2弾CMは永瀬廉出演の『HondaハートHondaの想い』篇。また、同タイミングから「Hondaハート」公式WEBサイトおよびHonda公式YouTubeチャンネルでも新CMと関連するWEB動画が順次公開される。



プロジェクトの第2弾となる今回のTVCMでは「2050年、Hondaは全活動のCO2排出量を実質ゼロにする。」という宣言の下、Hondaの「カーボンニュートラル」達成という難問に挑む姿勢、チャレンジについて、King & Princeのメンバーが研究開発に取り組む研究所への訪問を通し、リアルな取材やエンジニアとの対談を通じて、世の中にHondaの想いをメッセージとして発信していく。メッセンジャーとして出演する永瀬は、普段はカメラが入れないテストコースで本田技術研究所社長と一緒に運転をしたり、コース上で対談。Hondaの取り組みについて語る社長の話に、真剣な表情で耳を傾ける永瀬の表情も大きな見どころとなっている。


永瀬の素のリアクションを撮るため、撮影は台本なし・リハーサルなしの全てがアドリブという状況で行われた。Hondaのエンジニアから専門的な話が出ても興味津々で質問するなど充実した撮影になった。TVCMの時間内に伝え切れなかった内容は、同日より公開するWEB動画にて公開されている。


映像は徹底して質とライブ感にこだわり、3台のカメラを同時に長回しすることで永瀬がHondaのエンジニアと会話を楽しむ姿、さまざまな体験をする姿をノーカットで撮影。『Hondaハート Hondaの想い篇』の「Honda e」をテストコースで走らせるシーンでは、社長が時速150kmまでスピードを上げたことで撮影車両が追走できなくなるハプニングが発生し、助手席の永瀬がややひきつった笑顔を見せるひと幕もあった。永瀬の撮影衣装は前シリーズのCM同様、Hondaの従業員が日常業務で実際に使用しているツナギ型のロゴ入りユニフォーム。約半年ぶりの対面となるツナギにテンションを上げながら袖を通すと、いつも以上に引き締まった表情となり、満面の笑顔でカメラの前に向かった。


永瀬出演の『Hondaハート Hondaの想い』篇が放送された後には、順次3テーマのTVCM WEB動画の公開を予定。King & Princeの神宮寺も出演し、CO2を吸収し燃料にもなる藻の研究施設など、めったにカメラが入れない場所でさまざまな体験を紹介していく映像になっている。風洞実験施設にある巨大なプロペラが発生させた強風を全身で受け止める永瀬や、電動のスクーターを楽しそうに運転する神宮寺の姿、そしてHondaの取り組みについて語るエンジニアの話に真剣な表情で耳を傾ける2人の表情に注目だ。


TVCM『Hondaハート Hondaの想い』篇



▼WEB動画



■TVCM『Hondaハート Hondaの想い』篇

2022年2月28日(月)AM4:00公開

出演:永瀬廉

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)