『#みんなの真犯人フラグ』編集長 河村は3位、すべては真帆と共謀した自作自演?

TV 公開日:2022/02/25 7
この記事を
クリップ

あさって2月27日(日)に第18話が放送される日曜ドラマ『真犯人フラグ』。Twitter投票企画『#みんなの真犯人フラグ』第20回の結果が、このたび公開された。




今回の投票では、凌介(西島秀俊)の大学時代からの親友で、BAR「至上の時」のマスター・日野(迫田孝也)が5回目の1位に。ついに4回連続の1位獲得で、以前に番組SNSで公開された動画で語った「めざせ5連覇!」との宣言が、現実味を帯びてきた。「あまり意見を言わないし、心の内が見えない。不信感が高まる…」「篤斗(小林優仁)の病室に来た男では?」という推理も。


凌介の娘・光莉(原菜乃華)の恋人である一星(佐野勇斗)は4週ぶりに2位へ浮上。第17話では監禁先からの脱出を果たしたが、「入院先の病院に、強羅(上島竜兵)が来てたのが怪しい!」「お見舞いに来た母親の流血の理由は…?」「ずっと陽香(生駒里奈)と共犯だったのでは?」との意見が。


そして、日野と同じく凌介の大学時代からの親友で、週刊追求の編集長・河村(田中哲司)は3位をキープ。第17話では、かがやきの世界の儀式をぷろびん(柄本時生)から聞き取ったり、真帆が電話を掛けたとみられる場所に赴いたりしているが、「すべては真帆と共謀した自作自演では?」との考察も。いよいよ残り3話、はたして次回のランキングは…?


あさって放送の第18話では、姉が殺されたという衝撃の過去を告白した瑞穂(芳根京子)が抱える思いとは?光莉が連絡しても音信不通の一星に何があったのか。そして、凌介も忘れていたバタコ(香里奈)と真帆の思いがけない接点とは。今回、ある人物が真相を話して逮捕され、突然、仲間が姿を消す―。波乱の展開が待ち受ける第18話は、あさって2月27日(日)放送。第21回の投票は、第18話放送後の2/27(日)23:25~3/4(金)10:00の投稿が集計対象となる。


【第18話 ストーリー】

瑞穂(芳根京子)から、姉が殺された過去があると知らされた凌介(西島秀俊)。瑞穂は凌介に協力していた訳を話し…。篤斗(小林優仁)の病室に大きな段ボールを運んできた鼓太朗(坂東龍汰)。危険を察知した篤斗がナースコールを押そうとすると、その手を強く握って止め、箱を開けると…!?一方、一星(佐野勇斗)と連絡が取れず不安な光莉(原菜乃)は、すみれ(須藤理彩)の定食屋を訪ねる。そこで、一星から託されたという封筒を受け取る。中身は、凌介が書庫にしているトランクルームの鍵。光莉がある目的で一星に取ってきて欲しいと頼んだものだった。真帆(宮沢りえ)を捜す手がかりを見つけようとホームビデオを見返す凌介たち。すると、凌介も忘れていたバタコ(香里奈)と真帆の思いがけない関係が浮かび上がり…!?ついに、バタコが篤斗を誘拐した理由が明らかに!さらに、ある人物が真相を語り、逮捕される!!そして突然、姿を消す仲間とは――!?



■『真犯人フラグ 真相編』

毎週日曜よる10時30分~11時25分放送

(C)日本テレビ

※本記事は掲載時点の情報です。