片寄涼太“背面ローション綱引き”でTHE RAMPAGE陣に宣戦布告「ヌルヌルにしたる」

TV 公開日:2022/02/25 8
この記事を
クリップ

新しい未来のテレビ「ABEMA(アベマ)」は、「ABEMA SPECIALチャンネル」において、レギュラー番組『GENERATIONS高校TV』を2022年2月26日(土)夜9時から放送。本放送回では、「食べたい」「寝たい」など人間に108個もあるという日頃の煩悩を炸裂させるべく、数原龍友が考案した運動会企画「煩悩解放大運動会」の最終決戦を取り上げる。



本番組はダンス&ボーカルグループのGENERATIONS from EXILE TRIBEが、日本中の高校生たちを応援する青春バラエティ。アーティストや役者として注目を集めるメンバーの、同番組でしか見ることができない新たな魅力を堪能することができる。


今回の放送では、これまでに引き続き、残念ながら参加できなくなってしまった数原のピンチヒッターとして、THE RAMPAGE from EXILE TRIBEのリーダー・が参戦。また、人気お笑いコンビ・アインシュタインも登場する。


番組の冒頭では、本企画の発案者である“煩悩の塊”こと数原が満を持して登場。そして、これまで繰り広げられたメンバーたちの戦いぶりについて「マジで羨ましいなって思いました」と振り返ると、本企画を発案した経緯については「僕、だるまに絵を描く企画の時に『煩悩の塊です』って言われたことがあって。それで僕、煩悩運がすごくいいのかな?って思って、煩悩解放運動はいいんじゃないかな?と思った」と説明。その後、メンバーたちが実際に対決した「腰振りゴルファー」や「急所綱引き」のVTRを見ながら、自らも実際に体験してみることになると、誰よりも溜まりまくった煩悩を解放する数原に現場は終始大爆笑。そして、やり切った様子の数原は、煩悩を解放するよう徹していたメンバーたちについて「退屈でしたよ。全然煩悩解放できてない!」とダメ出しし、スタッフの笑いを誘った。


そんななか番組の後半では、まだまだ煩悩を解放しきれていないメンバーたちに不満気味な数原が、最終決戦にして、自身が一番憧れていたと言うローションの上で行う競技「背面ローション綱引き」のモニタリングを開始。メンバーたちの最後の戦いを見守る。


なお、第一回戦では、GENERATIONSから中務裕太と、アインシュタインから河井ゆずるが対戦。すると、「やりたいことがある」と何やらしゃがみだした中務がある珍行動に出ると、これを見ていた他のメンバーたちは「バカやろう(笑)」「これ高校TVだよ!?」と大慌てに。また、この様子を誰よりも目の前で見ていた河井が、「みなさん、あなたたちはGENERATIONSという自覚をもう少し持ってください!各々の発言、もう少しLDHという自覚を持ってください!」とメンバーたちを叱責すると、現場の爆笑をさらった。果たして、対決前にも関わらず、現場を困惑させた中務と河井による対決の行方とは…?

【画像】番組場面カットを見る


他にも、背面綱引きにもかかわらず、開始早々から不正を働く白濱亜嵐の暴挙に、「どこが背面綱引きやねん!」と現場で笑いが巻き起こったり、片寄涼太が、前回の放送で行われた「キャスターパイパイ」で、陣から思い切り顔面にパイをぶつけられた無念を晴らすため、「ヌルヌルにしたるからな!」と闘志を燃やす姿は必見。気になる本放送は、2022年2月26日(土)夜9時から。


■『GENERATIONS高校TV』
2月26日(土) 夜9時~夜10時
【放送チャンネル】ABEMA SPECIAL
【出演者】GENERATIONS from EXILE TRIBE

(C)AbemaTV,Inc.

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 5件)