『受付のジョー』神宮寺勇太「華やか!」受付嬢役にトリンドル玲奈ら4人が決定

TV 公開日:2022/02/25 14
この記事を
クリップ

2022年4月、日本テレビにて放送をスタートするシンドラ『受付のジョー』にトリンドル玲奈西原亜希田辺桃子美山加恋の出演が決定した。受付を完全デジタル化すべく、乗り込んでくる主人公・城拓海に猛反発する受付嬢たちを演じる。




主人公を取り囲む受付嬢

女優にモデルにと幅広い活躍をするトリンドル玲奈は美しく、気配り上手な「受付嬢」を体現するキャラクター、花房カレンを演じる。おしゃべり好きで情報通という一面も持つ。様々な役柄をこなし、その表現力に定評のある西原亜希が演じるのは常に冷静沈着な受付のチーフ、佐知山瞳。受付のプロフェッショナルで、城にとって最大の壁となる役柄だ。


「生徒が人生をやり直せる学校」「恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~」など話題作への出演が続く田辺桃子は受付チーム最年少の家田仁子を演じる。変化していく仁子と城の関係性もドラマの見どころとなる。子役から活動し、ミュージカルや声優業にも活躍の場を広げている美山加恋は、熊本出身で気が強く、受付の仕事に全く思い入れのない受付嬢の熊本淑子を演じる。熊本弁のセリフにも注目だ。


神宮寺勇太 コメント

主人公・城拓海を演じるKing & Prince神宮寺勇太は彼女たちの出演決定に際し、「4人の皆さんが受付に立たれている姿を想像したら『華やか!』という言葉が一番に出ました。皆さんと僕とで素敵な受付のチームを作っていきたいです。緊張もありますが、それ以上に皆さんと共演できるのがすごく楽しみです!」とコメントを寄せている。受付をデジタル化しようと乗り込んでくる城と個性豊かな受付嬢たちがどんな化学反応を起こすのか、期待が高まる。


トリンドル玲奈は“最古参”受付嬢

【トリンドル玲奈が演じる花房カレン(29)】

大学を卒業してからずっとこの会社の受付で働いている最古参。自身の美貌とホスピタリティを生かせる受付は天職だと思っている。佐知山の考えを理解していて、若手2人との間を取り持っている。おしゃべり好きかつ噂好きで社内事情に通じている。受付の仕事に誇りを持っているが、30歳を前にして、いつまでも続けられる仕事ではないのではと思い葛藤している。


<トリンドル玲奈 コメント>

――脚本を読んだ感想

今の時代に合った、明るくて、ハキハキとしたお仕事ドラマだなと思いました!


――ご自身が演じるキャラクターについてどう思いますか?

共感できるところがたくさんある女性なので演じていて楽しいです。企画の段階から私をイメージしてくださったと聞いて、すごく嬉しかったですし、期待に応えたいです!


――神宮寺勇太さん演じる城について、どんな印象を持ちましたか?

素直で真っ直ぐな人だなと感じました。何を言われても憎めない、愛されキャラです!


西原亜希は“チーフ”に

【西原亜希演じる佐知山瞳(32)】

受付チームのチーフ。短大卒業後、3つの会社の受付を渡り歩き、4年前にスカウトされチーフとして着任した。今に続く受付のルールをゼロから作り上げた凄腕。仕事にとにかく厳しく細かいが、それはすべてホスピタリティを最大化するため。受付が解体されたあとの皆の転職先が気がかりで、完全デジタル化に猛反発する。受付の仕事に誰よりも誇りを持っている。


<西原亜希 コメント>

――脚本を読んだ感想

見た人が、これは「自分」の物語でもあると、感じられるのではないかと思いました。社会、会社、仕事に対しての自分の在り方…悩みながらも向き合う人へ、明日へのエールを届けてくれるドラマだと、私自身も力を貰えました!


――ご自身が演じるキャラクターについてどう思いますか?

仕事に対しては他人にも妥協を許さないのですが、それ以上に自分に一番厳しい人。厳しさの裏にある気持ち、それこそが佐知山瞳の軸になっている受付という仕事への誇りと情熱だと感じました。


――神宮寺勇太さん演じる城について、どんな印象を持ちましたか?

何事にも一生懸命で正直者。でも、真っ直ぐが故にまわりが見えていない側面も?打てば響く素直さも、自分から打たれに来る(笑)バイタリティも、人を引き付ける城の魅力だと思いました。


“最年少”受付嬢の田辺桃子

【田辺桃子演じる家田仁子(23)】

高学歴で本来は広告代理店に正社員として入社したかったが、就職試験に落ちて受付として働いている。上昇志向が強く、ユニークなアイデア力の持ち主。受付チームの最年少でいつも明るく皆の言うことを聞いている。はじめは自分のなりたかった正社員である城が受付チームを解体しにきたことに複雑な感情を抱いていたが、城と向き合っていくうちにだんだんとその気持ちに変化が生まれ…?


<田辺桃子 コメント>

――脚本を読んだ感想

作品を通して、城をはじめ出てくるキャラクターが愛おしいほど個性豊かで。会話の掛け合いや表情のコミカルでもあり応援したくなるような真っ直ぐさが私は大好きです!


――ご自身が演じるキャラクターについてどう思いますか?

仁子が元々持ってるポジティブさやど根性精神が格好いい。勿論凹んだり怒ったりもする事もあるけどそこも大事だし、人が好きで、相手の為にと考えられる素晴らしい人です。仁子と一緒に成長していきたいなと思っています。


――神宮寺勇太さん演じる城について、どんな印象を持ちましたか?

本読みの時に、城の全力で真っ直ぐな面が神宮寺さんとすごく似ているなと思いました。以前にも共演させてもらったことがあるのですが、今までになかった新しい役柄同士なのでその化学反応も一視聴者として楽しみです!


美山加恋は熊本弁を練習中

【美山加恋演じる熊本淑子(25)】

熊本出身。高卒で地元の工務店に経理職で就職するも、のちに職を失い上京した。派遣登録したら案内されたのが受付のみで生活のために受付嬢になったが、容姿や愛想で評価されがちなことを嫌っていて他に仕事があるならすぐやめたいと思っている。本当は得意な経理や事務処理の仕事がしたい。気が強く、思ったことをすぐ口に出す。


<美山加恋 コメント>

――脚本を読んだ感想

役それぞれにとても個性があり読んでいるだけでも面白くて、撮影が楽しみになりました。受付嬢という存在が少し身近に感じて、最近は普段生活する中で見かける受付嬢さんたちのオフの姿を想像してしまいそうになります。


――ご自身が演じるキャラクターについてどう思いますか?

熊本出身の熊本さんということで、印象強いのはやはり熊本弁を喋っているということ。毎日方言練習に必死ですが、熊本弁独特の温かい雰囲気を纏いながらも毒舌を吐く姿を視聴者の皆さんに楽しんでいただけたらなと思います。


――神宮寺勇太さん演じる城について、どんな印象を持ちましたか?

城のへこたれない精神、困難な局面にも前向きに立ち向かっていく姿はとてもかわいらしくてまぶしいです。そのひたむきさが受付嬢たちの心を動かしていく模様が見どころでもあるので、城がどう成長していくのか、私も視聴者の方と共に見届けたいと思います。


イントロダクション

広告代理店のスマートな営業マン、城拓海(ジョー)は
深く考えずプレゼンした「受付デジタル化計画」が採用され
3か月以内に受付嬢たちをリストラに追い込むはめに!
突然現れた刺客・ジョーに受付嬢たちは猛反発!
彼女たちのことを理解するため、
ジョーは自ら受付の仕事に飛び込む!
その名も「受付のジョー」!?
しかし、「受付嬢」の仕事は一筋縄ではいかない!?
来客の取り次ぎ、会議室の予約セッティング、
そして挨拶一つにも、究極のホスピタリティが求められる!
彼女たちの仕事を甘く見ていたジョーの
「受付デジタル化」ミッションはうまくいくのか!?

さらに「受付のジョー」と「受付嬢」との恋の予感!?
受付嬢たちと受付のジョーのスマイルが
明日のあなたをきっと元気にします!



■日本テレビ『受付のジョー』

2022年4月月曜深夜スタート ※Huluでも配信

キャスト:神宮寺勇太(King & Prince) 田辺桃子 美山加恋 / 西原亜希 / トリンドル玲奈

主題歌:『踊るように人生を。』King & Prince(Johnnys’ Universe)

©NTV・J Storm

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 4件)