桃月なしこ『科捜研の女』に出演、売れっ子女優役熱演「とにかく緊張しました!」

TV 公開日:2022/02/24 11
この記事を
クリップ

桃月なしこが、『科捜研の女Season21』に出演した。


沢口靖子主演のテレビ朝日ドラマ『科捜研の女』(毎週木曜 後8:00)の24日放送 第12話に、売れっ子女優・川久保純役として役で登場した桃月。堂々とした佇まいをしなければと、姿勢には気をつけていたそうだ。沢口とも言葉を交わしたそうで、「ナースやってたんでしょー?大変だったんじゃない?」など、事前に桃月のことを調べ、気さくに話しかけてくれたと感激していた。



<桃月なしこコメント>

―科捜研の女に出演された感想お願いします

とにかく緊張しました!

私も昔から家族でみていた作品だったので、まさか自分が出演することになるとは思ってもいなくて。現場に入ってもとにかく緊張していました。

役的に奥田ワレタさんと一緒にいることが多かったのですが、すごく優しくてずっとお話して頂いてて、待ち時間には一緒にM-1グランプリをみてたりして(笑)おかげで緊張も徐々に溶け、なんとか無事撮影を終えることが出来ました。

―主役の沢口靖子さんとのシーンもありましたが印象などお聞かせいただけますか

カメラセッティング中のときなどにお話をさせて頂きました。やはり大御所の方なので、最初はすごく構えてしまって失礼のないようにしなきゃと気を張っていたんですけど、すごく気さくに話しかけていただいて。

私のことを調べて下さってたみたいで、「ナースやってたんでしょー?大変だったんじゃない?」とか自分のことを聞いてくださったので、すごく話しやすくて、優しい方だなと思いました。

―女優役とのことですが意識されたことはありますか

とにかく自信のある堂々とした佇まいをしなければいけないなと思って姿勢には気をつけていました。

私はあまり姿勢がよくなくて、気を抜くと猫背になってしまうのですが、猫背は自信のなさを感じさせてしまうので、それはこの役と合ってないなと思って演じていました。

―今後の目標、挑戦していきたいことを教えてください

引き続き目の前にある仕事一つ一つを大事にこなしていきたいというのはもちろんなのですが、やはり演技の仕事は増やしていきたいという気持ちはあるので、今後も演技のお仕事が出来たらいいなとは思います。


(C)『科捜研の女Season21』第12話より (C)テレビ朝日 

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)