稲垣吾郎、まるでワインソムリエ!限られた時間の中でさすがの演技力を披露

TV 公開日:2022/02/25 11
この記事を
クリップ

サントリーワインインターナショナル株式会社は、ノンアルコールワインテイスト飲料「ノンアルでワインの休日」の新発売に合わせ、ワイン通で知られる稲垣吾郎を起用した新TV-CM『ノンアルソムリエ』篇(15秒・30秒)を、2022年3月1日(火)から全国でオンエア開始する。


今回の新TV-CMは、夫婦が「ノンアルでワインの休日」を自宅で楽しみながら、豊かな時間を過ごす様子を描いている。稲垣吾郎が、まるでソムリエがボトルでワインを注ぐような動きで缶の「ノンアルでワインの休日」をグラスに注ぐ姿や、「2022年モノです」「スキ」という仲睦まじい夫婦のやり取り、「この気持ちとってもワインだよ」のメッセージとともに、ノンアルコールなのにワインの気分に酔いしれた稲垣の表情など、みどころたっぷりの内容になっている。

【画像】みどころたっぷりなCMの様子(全9枚)



また、楽曲には『さくらんぼの実る頃(LE TEMPS DES CERISES)』を本CMのためにオリジナルでアレンジし、夏木マリが歌っている。フランス語の歌詞を夏木マリが歌い上げ、ワインのもつロマンティックな雰囲気を演出している。まさにワインのような豊かな時間をイメージして披露している夏木の歌声にも注目だ。

<撮影エピソード>

『ノンアルソムリエ』篇のバルコニーでの撮影は、夕暮れの時間帯、マジックアワーを狙い撮影された。限られた時間の中での撮影のため、念入りに動きを確認していた稲垣。本番ではさすがの演技力でテンポよく撮影が進み、美しい夕焼けを背景に撮影ができた。ボトルワインを注ぐような動きで「ノンアルでワインの休日」の缶をグラスに注ぐシーンでは、慣れた手つきでリハーサルですぐにその動きを会得し、缶の傾きの角度まで熱心に確認していた。そして、まるでソムリエがグラスにワインを注ぐような動きを披露している。

1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 9件)