堀田茜&泉澤祐希W主演『恋と友情のあいだで』3月21日から5夜連続

TV 公開日:2022/02/24 10
この記事を
クリップ

■コメント

武田航平

「二階堂直哉を演じさせて頂く、武田航平です。今回は世間で言う“昭和的な夫”を少し意識しています。仕事も遊びも情熱的に!職場ではストイックに会社を牽引し、家庭では里奈を心から愛し、夜の遊びも一生懸命…。まるで往年の銀幕のスターのような直哉です。私生活の僕とはかけ離れていますが、とても演じがいがあり、廉や里奈の生き様、人生を彩る人物として、非常に魅力的だと思っております。この物語は不倫や浮気を推奨するモノではなく、各人物が“本当の自分とは!?”と、問いながら泥臭く必死に生きていく様が見どころです。ハラハラドキドキとした男女達の物語、ぜひお楽しみください」


美山加恋

「美月役を演じさせていただきました、美山加恋です。美月はどんな女性かと言うと、とても一言では表しきれない色んな面をもった女性です。常に心の中で正しさと闘いながら貪欲に幸せを掴もうとする姿は、演じていて苦しい瞬間も多かったですが、だからこそ彼女は強い。女性の強さと弱さどちらももっている美月の生き様が、私は愛おしかったです。果たして観てくださる方にどこまで美月の内側が伝わるか、どきどきです。運命に振り回されながらもそれぞれの欲望と共に生きる男と女たちをぜひお楽しみください」


■ストーリー

<里奈Ver.>

―あの頃の二人を、君はまだ覚えてる...?
誰もが羨む生活、裕福な恋人。不満なんて何もない。
でも―。
幸せに生きてるはずなのに、私の心の奥には、青春時代を共に過ごした同級生・廉が常に眠っていた。
人ごみに流され、都会に染まりながらも、力強く、そして少し不器用に人生を歩む美貌の女・里奈。
これは、悪戯に交差する二人の男女の人生を、リアルに描いた“女サイド”のストーリー。


<廉Ver.>

―なぜ今、思い出すのだろう?
若く、それゆえ傲慢だった同級生・相沢里奈の、目を声を、ぬくもりを。
あの頃の僕らは未完成で、足りない何かを探しては傷つき、欲することに夢中だった。
だから気づかずにいたんだ。ずっとそばにあった、かけがえのないものに。
持ち前の器用さと明るい性格で、比較的イージーに人生の駒を進めていく一条廉。
しかし東京は、平穏な幸せを簡単に許してくれない。
運命の悪戯が、二人の男女の人生を交差させる。これは、“男サイド”を描いたストーリー。

 

恋と友情のあいだで

放送/配信:2022年3月21日(月・祝)~3月25日(金)

<里奈Ver.>

フジテレビTWO ドラマ・アニメ/フジテレビTWOsmart

3月21日(月・祝)~3月25日(金)23時~23時30分

<廉Ver.>

ひかりTVテレビサービス「ひかりTVチャンネル」/ビデオサービス※

3月21日(月・祝)~3月24日(木)23時30分~24時

(25日(金)のみ24時~24時30分)


※本番組はアプリサービス「ひかりTVビデオ」でも配信し、月額基本料金350円(税込)のエントリー

プランでもご視聴いただけます。エントリープランは、2.5万本以上のVOD(ビデオオンデマンド)作

品が見放題でお楽しみいただけるプランです (初月無料)。


放送・配信回数:<里奈Ver.><廉Ver.>各5話(全10話)

出演者:堀田茜泉澤祐希、武田航平、美山加恋、渡辺早織、小澤雄太陳内将

漫画:『恋と友情のあいだで』(集英社刊)

作画:ふるかわしおり

原作掲載:東京カレンダー『恋と友情のあいだで』<里奈Ver.>山本理沙/<廉Ver.>安本由佳

脚本:遠山絵梨香

監督:石井祐介(フジテレビ)

プロデュース:田淵麻子(フジテレビ)、葉山浩樹(フジテレビ)

プロデューサー:小林和紘(FCC)

特別協力:ひかりTV 東京カレンダー

制作協力:FCC

制作著作:フジテレビジョン

©ふるかわしおり・安本由佳・山本理沙/集英社 フジテレビジョン



2/2ページ

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 6件)