古川雄輝主演ドラマ『ねこ物件』より予告編&ポスタービジュアル、癒しの猫画像が解禁

TV 公開日:2022/02/22 6
この記事を
クリップ

4月より、テレビ神奈川、TOKYO MX、BS11ほかにて放送となるオリジナルドラマ『ねこ物件』。このたび、映像初解禁となる予告編と最新のポスタービジュアルが公開された。



オリジナルドラマ『ねこ物件』は、ある一軒家を舞台に、猫を愛し猫と共に暮らす男、二星優斗と、夢を追う同居人たちの人生模様、そして猫を通じて人との繋がり方や新しい家族の形を描いた、究極の癒し猫エンターテインメント。

主人公・二星優斗を演じるのは、念願のねこドラマで初主演となる古川雄輝。他に入居希望者としてやって来る、司法浪人生・立花修を細田佳央太が演じ、さらに上村海成本田剛文松大航也の出演が決定し、スタート前からネコ好き、イケメン好きの間で話題が拡がっている。


解禁されたポスタービジュアルは、古川をはじめとするイケメンたちと、愛らしい姿の二星家の主といえるクロとチャーの猫たちの、ほっこりするものに仕上がっている。


そして、解禁となった予告編&スペシャルダイジェスト映像は、猫とイケメンから醸し出される癒しオーラが満載。古川雄輝演じる二星優斗が、四つ葉不動産会社の広瀬有美(長井短)の勧めで始めることになったシェアハウス。入居条件は、うちの猫が気に入らない人は入居させない猫審査を加えること。そして女性と暮らしたことがない為、男性限定にすることだった。そんなシャイで心優しき優斗と気ままな猫たちに、新たに入居希望の猫好きのイケメンたちが加わり、「ネコ×イケメン×シェアハウス=究極の癒し」の映像となっている。


また、今作の主題歌となる『Bell』と挿入歌『Coffee And Tea』は、ストリーミング総数1億再生を超えるなど、今話題の湘南茅ヶ崎をレペゼンする4人組バンド“SPiCYSOL”が担当。Vo.KENNYのメローな歌声が紡ぎ出す、優しさあふれる歌詞とメロディーが、本作の世界観とマッチし、癒しのムードをさらに引き出してくれている。『Bell/Coffee And Tea』は4月6日(水)より各音楽ダウンロード・ストリーミングサービスにて配信開始となるため、ドラマとあわせて楽しんでみては。


さらに、解禁日の2月22日の「猫の日」は、日本の「猫の日実行委員会」が1987年に制定した記念日。今年の2022年2月22日は、“2”が六つ並ぶ特別な年。これは、鎌倉時代まで遡る1222年以来となる出来事。2017年以降、犬を抜いて日本での猫の飼育数は894万6千頭。そんな猫を飼っている人も飼いたくても飼えない人も必見のドラマ『ねこ物件』から、二星家のクロとチャー、入居してくるファンの飼い猫タマの癒し力2.2次元級の22枚の初解禁猫画像もシェア。猫好きまっしぐらな猫の22枚の写真にどうぞ、思いっきり癒されてほしい。

【画像】癒し力2.2次元級の猫たちを見る


オリジナルドラマ『ねこ物件』は、2022年4月よりテレビ神奈川、TOKYO MX、BS11ほかにて順次放送スタート。究極の癒し猫エンターテインメントに期待が高まる。


<第1話あらすじ『猫と暮らすということ』>
二星優斗(古川雄輝)は30歳。両親を幼い頃に事故で亡くし、祖父・幸三(竜雷太)と2人で暮らしている。これまで働きに出たことがなく、病床の幸三と、一緒に暮らす2匹の猫、クロとチャーの世話だけをしてきた。そんなある日、幸三が脳梗塞で突然他界してしまう。弔問客として四つ葉不動産の広瀬有美(長井短)が訪ねてきた。幸三から不動産の管理を任されていると言う。収入がないなら家を改築して猫と暮らすシェアハウスにすることを提案されるが、他人と暮らしたことがなく、猫が気に入るのか、不安は尽きない。そこに、入居希望者、立花修(細田佳央太)が現れたが…。



▼予告➀~この家の主は、猫篇~


▼予告②~イケメンだらけの共同住宅篇~


▼SPダイジェスト


■オリジナルドラマ『ねこ物件』(全10話)
2022年4月よりテレビ神奈川、TOKYO MX、BS11ほかにて順次放送スタート
【出演】
古川雄輝 細田佳央太 長井短 上村海成 本田剛文 松大航也 竜雷太

(C)2022「ねこ物件」製作委員会

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 24件)