高畑充希、今年新たに始めたいこと明かす「ずっと“やってくれ”って言われていて」

TV 公開日:2022/02/21 10
この記事を
クリップ

女優の高畑充希が21日、都内で行われた『新しい「本麒麟」新CM発表会』に、タレントのタモリ、女優の、俳優の國村隼滝藤賢一とともに出席した。


2月22日(火)からオンエア開始となる新CM「一杯だけご用意しました ティザー」篇に出演する面々。撮影は別々で行ったそうで、ステージ上に一堂に会すると杏は「こうして集まるのが初めてなのでとても心強いです」と目を輝かせ、高畑も「撮影は1人ずつだったのでお会いできて嬉しいですし、先輩方の中に入るということでちょっとドキドキしているんですけど、本麒麟の美味しさを少しでもお伝えできればいいなと思っています」と笑顔を見せた。


また一発撮りで行われた同CMは、シリーズ化されているこれまでのCMとは根底から違うと明かした杏は「とにかくドキュメンタリー性を重視していて、CMと言ったら何回も飲んで何テイクも重ねるんですけど、本当に1杯だけですし、びっくりしたのはスチールで、カメラマンさんが2名いらっしゃったんですけど、1名はスポーツを撮るカメラマンの方で、お2人方がそれぞれいろんな角度から撮っていて、ここまでドキュメンタリー性を重視されているんだなと。いろんな常識を覆す撮り方をして伝えようという意気込みが伝わってきて、すごくドキドキしたんですけど、いい表情を切り取っていただけたんじゃないかなと思います」と撮影エピソードを明かした。


続けて、CM撮影の感想を聞かれた高畑は「セットが広くて、その中にポツンと飲むための台が用意されていて、そこにたどり着くまでの緊張感がすごかったです」と回顧し、「たどり着いて飲むと癒されるというか、リラックスできた感じがありましたね。「1杯だけですよ」って言われていたのでドキドキしていたんですけど、その中でも空間も含めてとっても上質なものをいただいているんだという特別感があって、とても美味しかったです」と声を弾ませた。


さらに、CMのコンセプト「すべてのうまさは、ここから始まる。」にちなみ、2022年に新しく始めたいことを質問されると、高畑は「できるかわからないんですけど、ゴルフを始められたらいいなと思っています」といい、「両親がゴルフ好きで、ずっと「やってくれ」って言われていて「待って」と言っていたんですけど、今、ドラマの現場に毎日通っていて、共演者のみなさんがすごくゴルフをされるので、あれよあれよと準備され始めているので、この勢いに巻き込まれて始められたらいいなと思っています(笑)」とコメント。


加えて、同CMのように最近ドキドキを楽しんだ出来事を尋ねられると、杏は「先日、フランス語検定の試験を受けに行って、それの面接があったんですけど、普段、こうやって人前に出たり話す機会が多いのでそんなにドキドキはしないですけど、そこに合格とかがつくとすごく緊張しました」と吐露し、「でも、今まで勉強してきたことでちょっとコミュニケーションが取れたので、やる前はすごくドキドキしていたんですけど、その間はすごく楽しめたなと思います。すごく嬉しかったです」と満足げな表情を浮かべた。


イベントでは、タモリが“3度注ぎ”を教える一幕もあり、体験した高畑は「楽しかったです。でもお家でこんなに我慢できるかなと心配もあるんですけど、早く飲んでみたいです」と待ちきれない様子で、乾杯後、同商品を飲むと「本当に美味しいですね。注ぎ方もあると思うので、私もお家で我慢して(泡が落ち着くのを)待ちます」とニッコリ。そして、誰と飲みたいかとの質問に、高畑は「大阪に住んでいる両親が本麒麟の大ファンなので、家族と一緒に最初の一杯を味わえたらいいなと思います。ゴルフ終わりにでも」と微笑み、タモリは「オリンピックも終わりましたのでバッハ会長と」とコメントして会場の笑いを誘った。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 38件)