『逃亡医F』復讐の鬼 松岡昌宏“拓郎”を成田凌“藤木”は救うべきなのか

TV 公開日:2022/02/16 6
この記事を
クリップ

大好評放送中のドラマ『逃亡医F』。2月19日に放送される第6話の場面写真が本日解禁となった。



廃団地では別棟に住む日本人ホームレス ノムさん(六平直政)、ネクタイ(宮崎吐夢)たちによる外国人労働者への嫌がらせが激化。一方、藤木(成田凌)は妙子(桜庭ななみ)が烏丸(前田敦子)に託したという謎のカセットテープについて烏丸にも質問を投げかけるが、答えは出なかった。自分は味方だという烏丸だが……。そんな烏丸を美香子(森七菜)、都波(酒向芳)と共に尾行してきた拓郎(松岡昌宏)は、廃団地を正面突破しようとするが、外国人労働者たちによって拘束される。美香子が藤木に情報を流していたのだ。探していた都波とようやく出会えた藤木。そして事件の真実を突き止めるために拓郎に協力を求める。


そんな中、ついにモーたち外国人労働者たちに不満を募らせた日本人ホームレスたちが襲いかかる。外国人労働者たちを守ろうと立ちはだかった拓郎だが、藤木は拓郎が大怪我を隠していることを見抜く。果たして藤木は、自らを執拗に追い詰めてきた復讐の鬼 拓郎を救うのか。究極の選択を迫られる。


さらに、モーの手によって妙子が遺したカセットテープの謎が明らかに。その内容は藤木たちの運命を大きく左右するもので……!?救わなければならない。それが自分を殺そうとする男でも――

遺された謎が真相を語り始める 第6話は2月19日 土曜よる10時放送。


【第6話あらすじ】

「困った時は都波さんとあわせて…」という妙子(桜庭ななみ)の言葉に従って都波(酒向芳)に会いに行った藤木(成田凌)。しかし、美香子(森七菜)と都波が拓郎(松岡昌宏)と共に行動していることを知り、一旦モー(中村蒼)たちが暮らす廃団地に戻ることに。その頃廃団地では、別棟に住む日本人ホームレス ノムさん(六平直政)、ネクタイ(宮崎吐夢)たちによる外国人労働者への嫌がらせが激化していた。

一方、藤木は妙子が烏丸に託したという謎のカセットテープのある部分が気になり、機械に詳しいモーに相談する。廃団地に現れた烏丸にもカセットテープについて質問を投げかけるが、答えは出なかった。自分は味方だという烏丸にとりあえずうなずく藤木。その様子を見た烏丸は自分が疑われていることを察する。

そんな烏丸を美香子、都波と共に尾行してきた拓郎は、廃団地を正面突破しようとするが、外国人労働者たちによって拘束される。美香子が藤木に情報を流していたのだ。探していた都波とようやく出会えた藤木。そして事件の真実を突き止めるために拓郎の協力を求める。

そんな中、モーたち外国人労働者たちに日本人ホームレスたちが襲いかかる。そこで藤木は、外国人労働者を守ろうとした拓郎が怪我を隠していることを見抜く……!果たして藤木は、自らを執拗に追い詰めてきた拓郎を救うのか!?究極の選択を迫られる――。そしてついに、妙子が遺したカセットテープの謎が明らかになり藤木たちの運命を大きく左右することになる……!!


■『逃亡医F』

毎週土曜 よる10時放送

(C)日本テレビ


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 4件)