岩田剛典『金魚妻』爆笑したストーリー明かす、藤森慎吾が「本当にぶっ飛んだキャラ」

TV 公開日:2022/02/15 13
この記事を
クリップ

Netflixシリーズ『金魚妻』の配信記念イベントが15日、都内にて開催。篠原涼子岩田剛典安藤政信長谷川京子が登壇した。


原作は、累計300万部を超える黒澤Rの大ヒット同名漫画。禁断の愛に足を踏み入れてしまった6人の妻の物語が切り取られていく、大人のラブストーリーとなっている。


主人公の“金魚妻”さくらを演じた篠原は「内に秘めて自分の言いたいことが引き出せない、そういうキャラクターだったんですけれども、でもどこか芯が強いところをしっかり持っている。その女性像を作りたいなと意識してやらせていただきました」と説明。「(岩田演じる)春斗と出会うことによって、自分自身の見えなかったところを切り開いてくれて、そういうところもすごく見所があるなと思いました」と語った。


また“改装妻”ゆり葉役の長谷川は「オープニングから結構センセーショナルなシーンがある」としたうえで、「私がやらせていただいた回で、彼女のキャラクターがしっかりと描かれていると思うので、流れで見ていただけるとすごくうれしいなと思います」とアピールした。


1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 51件)