『ウォーキング・デッド』最新予告解禁、世界を作り変えるのはいったい誰なのか

TV 公開日:2022/02/15 6
この記事を
クリップ

ウォーキング・デッド』ファイナル・シーズンのPart2(全8話)が、2月21日(月)よりディズニープラスのスターにて日本最速で独占配信される。配信開始に先駆けて、新たな予告編が解禁となった。



2010年のシリーズ開始以来、アメリカで異例の高視聴率を獲得し、日本を含めた全世界から絶大な人気を誇る『ウォーキング・デッド』は、“ウォーカー”と呼ばれるゾンビがはびこるアメリカを舞台に、人間たちが時にぶつかりあいながらも生き抜く術を模索していくサバイバル・ヒューマン・ドラマだ。シーズン11は、シリーズのフィナーレを飾るのにふさわしく、シーズン最長の全24話で制作され、これまでにないスケール感、そして驚愕のストーリー展開に世界中で注目を集めている。


【画像】仲間たちの場面写真を見る(全8枚)


この度解禁となった予告編映像では、ついに、コモンウェルスとダリル達が対峙する様子が映し出されている。さらに、パーティーに参加するユミコとトミー、兵士に囲まれるゲイブリエルとアーロンなど、Part1で危機に陥っていた仲間たちの気になる行方も明らかに。一方、不穏な空気の中で、コモンウェルスの知事パメラは、「この世界を元の形に戻すのです」と力強く宣言。世界を作り変えるのはいったい誰なのか、シリーズのクライマックスに向けてどのような展開が待ち受けているのだろうか。


昨年末配信となったPart1の第8話『血を求めて』では、“収穫者”との戦い、アレクサンドリアを襲う大嵐など、生存者たち全員に危機が迫るなど、波乱の展開で幕を閉じた。Part2では、恐ろしい兵器をもった“収穫者”との戦いがさらに激化。また、アレクサンドリアでの大嵐でコミュティはどうなってしまうのか、謎に包まれたままのコモンウェルスは一体どのような展開を迎えるのだろうか。ある者は希望を取り戻し、ある者には悲劇が訪れ…。それぞれの決断が、彼らの未来、生き残る可能性を左右し、物語を大きく動かしていく。ますます加速する極限の戦い。誰が死んで誰が生き残るのか。その物語の結末を見届けよう。


▼ウォーキング・デッド シーズン11 Part2 予告編


■『ウォーキング・デッド』ファイナル・シーズン Part2

2月21日(月)よりディズニープラスのスターにて日本最速で独占配信開始

© 2022 AMC Film Holdings LLC. All rights reserved.

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 8件)