『妻、小学生になる。』オリジナルストーリーに、大河ドラマ出演俳優2人が登場

TV 公開日:2022/02/11 10
この記事を
クリップ

動画配信サービス「Paravi」では、TBSで毎週金曜よる10時から放送中の金曜ドラマ『妻、小学生になる。』のParaviオリジナルストーリー「ヤコ、ショウがクセになる。」を独占配信中。このたび、2月18日(金)に配信される第2話から、板橋駿谷渋谷謙人が出演することが決定した。



『妻、小学生になる。』は、10年前に愛する妻を亡くし生きる気力を失った夫とその娘が、思わぬ形で妻(母)と再会するところから始まる。なんと妻(母)は生まれ変わって10歳の小学生になっていた! 夫と娘はその姿に戸惑いながらも、彼女から尻を叩かれ叱咤激励されて、生きる喜びを徐々に取り戻していく。そして、周囲の人間も巻き込みながら「生きること」に再び向き合おうとするちょっと変わったホームドラマ。主人公の新島圭介を堤真一、10年前に他界した妻・新島貴恵を石田ゆり子、圭介と貴恵の一人娘・新島麻衣を蒔田彩珠、貴恵の生まれ変わりで10歳になる白石万理華を毎田暖乃が演じる。


Paraviオリジナルストーリー「ヤコ、ショウがクセになる。」は、原作漫画には登場しない、小椋梨央演じるドラマオリジナルのキャラクター・ヤコが主人公。『妻、小学生になる。』では、麻衣の幼馴染であり良き理解者として登場するが、Paraviでは、そんな彼女の本編では描かれない別の側面を描く。


恋愛など見向きもせず、バイトをしまくっているデリバリー女子・ヤコは、ある日配達先で出会った謎の占い師の老婆に「恋をしないと未来が暗い」と脅かされる。生き方を否定されたようで納得のいかないヤコだったが、妙に老婆の言葉が引っかかり…。出会い拒まず、実験的に色んな男性との交流を重ねるうちに‟恋すること”を知っていく、世にも奇妙な!?恋探し成長物語だ。そしてなぜか、出会う男たちには皆、共通点が…!?


第1話でキラキラ男子・高田に出会ったヤコ。第2話では、新たな男性との出会いが2つ訪れる。


1つ目は、デリバリーの仕事中に出会った菊地。突然降りかかったアクシデントに困惑するヤコを菊地が優しく助けてくれたのだ。
菊地を演じるのは板橋駿谷。板橋は舞台やドラマを中心に活躍している俳優で、NHK連続テレビ小説『なつぞら』で“番長”こと門倉努を演じて話題となり、その後も『ネメシス』(NTV)、NHK大河ドラマ『青天を衝け』、映画「かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦から ファイナル」など、話題の作品に幅広く出演している。そんな板橋演じる安心感のある菊地と、ヤコとの仲は深まっていくのか? 第3話以降の展開にも期待したい。


2つ目は、英会話教室で出会った山本。共通の趣味があることがわかり、2人は一気に意気投合する。
山本を演じるのは渋谷謙人。子役時代からキャリアを積む実力派俳優で、『ソロ活女子のススメ2』(TX)やNHK大河ドラマ『青天を衝け』、『イチケイのカラス』(CX)などのドラマや、映画「劇場版ラジエーションハウス」にも出演。さらに舞台「Navy Pier 埠頭にて」など、舞台俳優としても活躍している。渋谷演じる山本は、共通の話題でヤコの心を開いていく。これからの2人の関係性にも注目だ。


菊地と山本、そして第1話に登場した阿久津仁愛演じる高田と、3人の男性に振り回されるヤコ。思いがけない彼らの共通点とは? また、堀家一希演じる幼馴染・宇喜男との掛け合いも楽しみにしよう。


本編では描かれないヤコの側面と、オリジナルストーリーにしか登場しない男性たちとの不思議な恋愛物語、Paraviオリジナルストーリー「ヤコ、ショウがクセになる。」。実は恋愛初心者のヤコは恋をすることができるのか。そして、ヤコを待ち受ける運命とは…!?


2月18日(金)放送『妻、小学生になる。』の第5話放送終了後から、Paraviで第2話独占配信スタート。本編とあわせて楽しんでみてはいかがだろうか。


<第2話あらすじ>

謎の占い師(犬山イヌコ)の言葉に動かされ、実験的に“恋カツ”を試すことにしたヤコ(小椋梨央)。デリバリー先で出会った高田(阿久津仁愛)のことをつい考えてしまい、ペースを崩し始める。そんな中、配達中思わぬハプニングに見舞われたヤコが途方に暮れていると、目の前に現れたのは親切すぎる男性・菊地(板橋駿谷)で…。さらに、何となく通っていた英会話教室でも新たな男性・山本(渋谷謙人)との出会いが…。


■Paraviオリジナルストーリー「ヤコ、ショウがクセになる。」
金曜ドラマ『妻、小学生になる。』放送終了後に独占配信中

©TBS


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 3件)