『真犯人フラグ』怒涛の逮捕劇、香里奈 生駒里奈 深水元基らが結託していたとの仮説も

TV 公開日:2022/02/12 44
この記事を
クリップ

あす2月13日(日)、『真犯人フラグ 真相編』第16話が放送される。凌介(西島秀俊)の娘・光莉(原菜乃華)失踪の一部始終が明らかになり、これまで凌介を献身的に支えてきた瑞穂(芳根京子)の裏切りが発覚した、前回第15話。



あす放送の第16話では、瑞穂の行動の真相が語られる。凌介の家のポストに、真帆(宮沢りえ)の不倫を告発するビラを入れたのは、瑞穂だった。彼女を突き動かしたのは、どんな理由だったのか…?


【画像】第16話場面写真を見る(全5枚)


いまだ一星(佐野勇斗)は行方不明のままだが、阿久津(渋川清彦)は陽香(生駒里奈)が一星のオンラインサロンのメンバーという情報を得る。写真を見た光莉は、自分を監禁していた犯人だと証言。凌介も陽香の顔に、見覚えがあるような…。週刊追求では河村(田中哲司)らが、3つの事件の容疑者、バタコ(香里奈)・陽香・林(深水元基)が結託していたとの仮説を立てる。だが、この“同時誘拐”の首謀者は誰か、という大きな謎は残されたままだ。新たに見つかる、真帆生存の痕跡。またしても暗躍する強羅(上島竜兵)。そして、朋子(桜井ユキ)と山田(柿澤勇人)に接近する人物とは…!?怒涛の逮捕劇が展開する第16話は、あす2月13日(日)放送。


【第16話 ストーリー】

凌介(西島秀俊)の家のポストに真帆(宮沢りえ)の不倫を告発するビラを入れたのは瑞穂(芳根京子)だった。瑞穂は、その訳を語り始める。そんな中、陽香(生駒里奈)が一星(佐野勇斗)のオンラインサロンで“高場花”という看護師になりすましていたことが判明。一方、朋子(桜井ユキ)と山田(柿澤勇人)に、ある人物が接近し…。週刊追求では河村(田中哲司)らが、3つの事件の容疑者、バタコ(香里奈)・陽香・林(深水元基)が結託していた仮説を立てる。しかし、首謀者は一体誰だったのか…?そんな中、真帆が失踪前夜にかけていた電話について、驚きの新事実を知らされる凌介。その事実から凌介は、意外な推理を展開して、一同を驚かせる。またもや見つかる、真帆生存の痕跡。判明する一星の安否。野放しになった危険人物たちが、新たな牙をむき始める中、怒濤の逮捕劇へと物語は加速する――!


▼第15話ストーリー


■『真犯人フラグ 真相編』

毎週日曜よる10時半~11時25分放送

(C)日本テレビ


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 5件)