『ドクターホワイト』浜辺美波「沢山笑ってしまって…」小手伸也が出したNGとは?

TV 公開日:2022/02/14 5
この記事を
クリップ

浜辺美波が主演を務める月10新ドラマ『ドクターホワイト』(カンテレ・フジテレビ系/毎週月曜夜10時)。本作は、医師でもないのに豊富な医療知識がある正体不明の女性・雪村白夜(浜辺)が、「それ、誤診です!」と診断された病名を覆して患者の命を救っていく、新感覚の“診断医療ミステリー”。『金田一少年の事件簿』など、数々のヒットドラマの原作を手掛ける樹林伸の小説『ドクター・ホワイト千里眼のカルテ』、『ドクター・ホワイト神の診断』(角川文庫)をドラマ化した。



主演の浜辺のほか、柄本佑瀧本美織岡崎紗絵勝地涼片桐仁高橋努高橋文哉宮田俊哉毎熊克哉小手伸也石坂浩二と、豪華キャストが集結。これまでの医療ドラマとは一味違う“診断に焦点を当てた医療ミステリー”であり、各部門の専門家が知見を寄せ合い、病名を確定させるべく話し合う“少々コミカルな会話劇”が魅力の1つ。また、縦割り医療が基本となる現代の医療現場において、実現が難しい画期的な診断体制を描くドラマでもある。


今夜、第5話が放送される。白夜の正体は依然として不明のままだが、その実力が徐々に認められ、CDT(総合診断協議チーム)は活躍。チームの連帯感も少しずつ強くなっていた。今回の患者は、撮影中に突如錯乱状態に陥り失神したグラビアモデルの日比谷カンナ(水崎綾女)。不可解な症状を解明しようとCDTは早速診断協議を始めるが、外科部長の真壁(小手伸也)は、病院経営における経費削減の観点から、最新のAI診断システムを導入してCDTを解散すると告げる。リーダーの麻里亜(瀧本美織)は断固反対。すると、白夜を擁するCDTとAIシステムを活用したコンサルチームJMAの診断対決に発展。謎の症状に苦しむカンナの病名とはいったい!?…というストーリー。


『ドクターホワイト』のくせ者医師たちとして、コミカルなアクを振りまく2人からコメントが到着。虎視眈々と院長の座を狙う外科部長の真壁役の小手伸也、コワモテの顔が決して崩れない硬派な脳神経外科医・仙道役の高橋努が、これまでの放送を終えて周囲の反応、主演の浜辺美波とのエピソードを語ってくれた。


<小手伸也(真壁仁役) コメント>

――これまでの放送を終えて周囲の人の反応はどうですか?

あの「ねっとり喋り」と「ツーブロック」が思ってた以上に不評で(笑)、「無能」「胡散臭い」「美顔器が役に立っていない」等々、順調に嫌われているみたいですね。ただ「手術の腕自体は確か」「確定診断に対しては即座にエゴを取り下げる」「性格が悪いだけで医師としての倫理観はある」といったアクの強さの向こう側に迫る冷静な評価も頂いており、今後一層、真壁というキャラクターに対する議論が活発化することを切に願っております。いや嘘です。そんなことより本編の展開にご期待ください!


――最近の撮影現場でのエピソード

まさに次の第5話の撮影中なんですが、ドアを開けてCDTのオフィスに入ってくるシーンで、自分が開けたドアの幅に対して思いのほか自分の身体がデカく、中に入れず入口で引っかかるというNGを出して、浜辺さんにめちゃめちゃ笑われました。それを後々悪いと思ったのか、ご丁寧に「沢山笑ってしまって申し訳ございません!」という書き置きを僕の似顔絵を添えて残してくれました。真面目なんですね。申し訳なかったのはコッチの方ですよ。「真顔でドアに詰まる真壁」とか、普通に無理でしょ(笑)。


――5話の見どころ、視聴者へのメッセージをお願いします

前回偶然知り合った海江田会長とのコネクションで、真壁のCDT潰しが新たな展開を迎えます。ただし、純粋な白夜と冷徹な真壁は変なところで意気投合する傾向があり、敵対する割になかなか複雑な関係です(笑)。実は、感情を身につけ始めた白夜と感情を切り離している真壁は人間的に表裏一体なのではないか?そんな対比を個人的には大事にしながら演じています(これ浜辺さんにも内緒なんですけどね)。今後の真壁の動向にも注目です。いや嘘です。物語に集中してください!


<高橋努(仙道直樹役) コメント>

――これまでの放送を終えて周囲の人の反応はどうですか?

反応はとてもいいです。観やすい、台詞大変そう、美波ちゃんかわいい、先生達のクセがすごい等、たくさんの反響をもらえています。


――浜辺さんの印象。撮影現場でのエピソード

毎日の撮影、病院のシーンでの膨大な台詞量、難しい医療用語、主役のプレッシャー、大変なことばかりでしょうけど、白夜を見事に演じてるなぁと感心してます。疲れてる時や眠い時に美波ちゃんからいつも棒付きのアメをもらってます。ちょうど良い糖分なのかなぜか目が覚めます。


――5話の見どころ、視聴者へのメッセージをお願いします

やはり白夜が誤診を正すシーンではないでしょうか。今回は、他の先生だけではなく違う相手にも、、、。CDTのメンバーが少しずつまとまっていきます。その辺りもお楽しみに!


【第5話あらすじ】

グラビアモデルの日比谷カンナ(水崎綾女)が、撮影中に突如錯乱状態に陥り、失神。高森総合病院に運ばれてくる。協力要請を受けたCDTは早速、不可解な症状を解明しようと診断協議を始めるが、その矢先、真壁(小手伸也)からチームの解散を宣告されてしまう。真壁は病院の経営を立て直す名目で、JMAと呼ばれる医療分野に特化した経営コンサルを招へい。彼らが開発した最新のAI診断システムを活用して“総合診断科”を新設し、CDTを排除しようと考えたのだ。

AIの診断能力に目を輝かせる白夜(浜辺美波)に対し、仙道(高橋努)と麻里亜(瀧本美織)はシステマチックな診断に断固反対。すると真壁は、CDTとJMAの診断対決を提案し、両チームがそれぞれカンナを診断することになる。しばらくすると、カンナの仕事上のある秘密が明らかになり、そのことから、CDTとJMAはどちらもある病名を診断をするが、納得がいかない白夜が驚きの結論を導き出す。

一方、勇気(毎熊克哉)が横領の容疑で指名手配されたことで、将貴(柄本佑)は白夜を連れ戻すために、何か大きな力が働いているのではないかと疑念を抱く。さらに、白夜の携帯電話の通話履歴から、ある番号を見つけて…。



▼『ドクターホワイト』取材会


■『ドクターホワイト』

毎週月曜よる10時(カンテレ・フジテレビ系全国ネット)

(C)カンテレ

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 6件)