横山由依、サウナ姿をテレビ初公開 AKB48研究生時代の“とんでもないハプニング”も明かす

TV 公開日:2022/02/09 15
この記事を
クリップ

サウナ好きで知られるサバンナ高橋が、各界のトップランナーをサウナに迎え、心身ともに“ととのった”ところで、人生の“ととのった”瞬間=「人生のターニングポイント」を聞くサウナトーク番組『サバンナ高橋の、サウナの神さま』(隔週土曜21:00~21:30放送)。



2月12日(土)放送回では、元AKB48 2代目総監督で女優・タレントの横山由依がサウナに入る姿をテレビ初披露する。「サウナに入ったことはあるけど、“ととのう”という感覚が分からない」と話していた横山だが、最終的には「サウナにハマるのも分かる」とサウナに開眼。


【画像】横山由依のサウナシーン


その後のトークでは、AKB48のオーディションに合格した高校生時代のエピソードを披露。合格してから約3ヶ月あったというレッスン生の時期は、交通費などが支給されないため、地元・京都から毎回夜行バスで通い、格安のビジネスホテルに泊まっていたという横山。それでも足りない分は、お母さんが早朝の新聞配達のアルバイトをして支えてくれていたそう。


そして、横山が“ととのった”瞬間としてあげたのは、「親友・川栄李奈の卒業コンサートでの大失敗」。高橋みなみから次期総監督の指名を受け、心身ともいっぱいいっぱいだった時、このミスをきっかけに、「出来ないことは出来ない。自分の出来ることを精一杯やるしかない」と、肩の荷が下り自分らしさを取り戻せたのだとか。


さらに、お金の余裕が無い研究生時代、同じ寮生活をしていた北原里英、指原莉乃、大家志津香と誕生日祝いをしたときのとんでもないハプニングエピソードも披露。ほかにも、ここでしか聞けないトークが満載。ぜひ、本放送で確かめてほしい。

【画像】番組場面カット 全部見る


【横山由依 コメント】

サウナに本格的に入ったことが今までなかったので、今日は高橋さんに教えてもらえるということでワクワクしていました。頭がすっきりする感じやリラックス感があったので、楽しいサウナでした。AKB48総監督としてのイメージや、リーダーとしてのイメージを持っている方も多いと思いますが、番組では“素の自分”が出ていたかと思います。今までの話などもたっぷりできたので、その辺りを注目して見ていただきたいです。




■『サバンナ高橋の、サウナの神さま』
2月12日(土)21:00~21:30<TOKYO MX1>
※スマートフォン用アプリ&Webサイト「エムキャス」で同時配信
【MC】高橋茂雄(サバンナ)
【ゲスト】横山由依
【テーマ曲】『やさしさに包まれたなら』作詞・作曲:荒井由実 唄:クレイジーケンバンド

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 18件)