GENERATIONS 数原龍友、ゆうちゃみと『オモウマい店』にゲストで登場

TV 公開日:2022/02/08 15
この記事を
クリップ

今日19時は「ヒューマングルメンタリー オモウマい店」。本日は数原龍友GENERATIONS from EXILE TRIBE)とゆうちゃみがゲストで登場する。



日本全国には私たちの想像をはるかに超える“びっくりなお店”がたくさん。まだ見ぬ『オモウマい店』を求め、スタッフが日本中を大捜査。気になる店を発見したら飛び込みで交渉。粘りに粘るリサーチと取材スタイル。“グルメ馬鹿”なスタッフが日本全国を駆けまわり、オモウマい店を発掘。お客様へのスゴすぎて笑えるサービスはいつしか尊敬に変わり明日を生きる勇気と元気がもらえる。


初めは、山形県新庄市の、老若男女問わず人気を集めるラーメン店。名物“元祖みそ中華”は、たっぷりの野菜が投入され、約2kgの特大ボリュームにも関わらず、850円とリーズナブル。「新庄で一番美味しい」と話すお客さんがいるように、味も大好評。雪が降り積もる厳しい季節にも関わらず、宮城県から車で約2時間かけて来る人や、週5回通うという人も。


67歳の男性店主はサービス精神旺盛で、時にはお客さんにおにぎりや半熟卵、野菜炒めを無料でサービスし、子どもには駄菓子のプレゼント。さらに、手が空いているときには本格的なマッサージで体をほぐしてくれる。というのも店主、実は整体師でラーメン店を営む以前から整体院を開き、2店舗を往復する日々を送っている。ラーメンの味も整体の腕もバツグンで、地元の人は店主のことを「新庄全体の健康管理をしている」と話す。二足の草鞋を履く店主は整体院を始める前、さらに意外な職業に就いていた。


次は以前放送した、のどかな田園風景の中にたたずむ、71歳の男性が営む蕎麦店。お店の名物、39種類もの天ぷらが大きなトレイにてんこ盛りの“天ぷらザルそば(2,150円)”に加え、スタッフに『熊の手』や『タヌキのはく製』といった珍しいものを譲ってくれる店主が話題になった。放送後 久々に店を訪れると、雪が降りしきる中、今回も毎日のように番組スタッフを送迎し、自宅でのクリスマスパーティーにも招待。さらには、まだまだ店に眠る貴重な品々、珍品の数々を「嫁がせてください」と今回も惜しみなくプレゼントしてくれる。


■『ヒューマングルメンタリー オモウマい店』

2月8日(火)19:00~19:56(日本テレビ系)
※内容は変更になる可能性あり

(C)日本テレビ


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 4件)