間宮祥太朗『天才vs大群』2時間SPに参戦、最強助っ人としてドッジボールの「天才」に挑む

TV 公開日:2022/02/07 13
この記事を
クリップ

TBSでは、2月15日(火)よる7時から『天才vs大群』を2時間スペシャルで放送する。



この番組は、各ジャンルの「天才」と大人数の「大群」が対決。天才が大人数をなぎ倒すという、究極の爽快感が味わえる痛快バラエティだ。昨年4月と8月の放送が好評を博し、今回、満を持してゴールデンタイムへ初進出。さらなる競技を加え、より一層グレードアップした戦いが繰り広げられる。


番組を盛り上げるMCは、前回に引き続きかまいたちハライチが務める。「天才vs大群」の勝敗を予想しつつ、通常ではありえないツッコミどころ満載の競技ルールや大群へのイジリも展開していく。


このたび、最後の2競技「ボクシング」と「ハイパードッジボール」に参戦する天才と大群のメンバーを発表。ボクシングは、「天才・那須川天心vs芸能界元ヤン軍団30人」。大群側には様々な武勇伝(!?)を持つ、芸能界の元ヤンたちが集結した。リーダーの澤部佑(ハライチ)を筆頭に、東村山でバリバリのヤンキーだったと豪語するユージ、マイク・タイソンの隠し子という噂が広まったことがあるアントニー(マテンロウ)、ヤンキードラマの申し子である脇知弘など迫力満点のメンバーに加え、岩井勇気(ハライチ)も満を持して隠し玉として参戦。天才・那須川はケンカ上等の大群30人を返り討ちにすることが出来るのか。白熱した戦いから目が離せない。


最後に「ハイパードッジボール」のメンバーを発表。天才は、ドッジボールの日本代表主将・服部勝太と、アジアカップ4連覇中の日本代表のエース・岩田晴世。2人の息の合ったコンビネーションが炸裂する。大群側は、リーダー・山内健司(かまいたち)のもとへ、芸能界の元野球部軍団が集結。前回大活躍を見せた、最高球速103キロの稲村亜美、幼稚園から高校まで野球一筋だった斉藤慎二ジャングルポケット)などが参戦する。さらに最強助っ人として、プロ野球始球式で球速139キロを記録した間宮祥太朗や、元メジャーリーガーのマック鈴木、日米のプロ野球で活躍した五十嵐亮太が参戦し、最強のメンツで挑む。



また、番組公式Twitterもスタート。こちらから発信される情報にも注目だ。各競技のスペシャリストが、同時に大人数を相手にするとどうなるのか。常人では真似できない天才の超絶テクニックや、映画や漫画のような大人数バトルが見られる『天才vs大群』は2月15日(火)よる7時放送。

【画像】場面カットなど 全部見る



■『天才vs大群』
2月15日(火)よる7:00~8:57
<出演者>
【MC】かまいたち(山内健司・濱家隆一)、ハライチ(岩井勇気・澤部佑)

・「ボクシング」対決
【天才】那須川天心
【大群(※参加番号順)】澤部佑(ハライチ)、岩井勇気(ハライチ)、ユージ、脇知弘、バッドナイス常田、アントニー(マテンロウ)、卓也(土佐兄弟)、荒木誠也(こゝろ)、山出谷怜門(こゝろ)、海人(グランドスラム)、石原秀和(グランドスラム)など

・「ハイパードッジボール」対決
【天才】服部勝太(ドッジボール日本代表主将)、岩田晴世(ドッジボール日本代表)
【大群(※参加番号順)】山内健司(かまいたち)、庄司智春(品川庄司)、斉藤慎二(ジャングルポケット)、スギちゃん、南條庄助(すゑひろがりず)、稲村亜美、ゴジーラ久山、あれ慎之助、みんなのたかみち(プリンセス金魚)、間宮祥太朗、マック鈴木(元メジャーリーガー)、五十嵐亮太(元プロ野球選手、元メジャーリーガー)

(C)TBS

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 7件)