山田涼介、撮影中の“ムチャ振り”に苦笑い「あれ、本当に重くて」

TV 公開日:2022/02/04 13
この記事を
クリップ

Hey! Say! JUMP山田涼介が4日、都内にて開催された映画『大怪獣のあとしまつ』公開初日舞台挨拶に、土屋太鳳濱田岳西田敏行、三木聡監督と共に出席した。


暴れ狂う大怪獣に、逃げ惑う人々。突如、ヒーローが現れて世界を救う。それは、子供の頃に誰もが憧れた、特撮映画でお決まりの展開。しかし、倒された怪獣の死体処理は果たしてどうなっていたのか?そんな「誰もが知る“巨大怪獣”の、誰も知らない“死んだ後”の物語」を描く同作。

巨大怪獣の死体の“あとしまつ”を命じられる特務隊員の帯刀アラタを山田演じ、環境大臣秘書で、かつて特務隊で同僚だった雨音ユキノを土屋が演じる。


劇中でアラタが“あとしまつ”という“ムチャ振り”を命じられたことにちなみ、現場で“ムチャ振り”だと感じたエピソードを聞かれた山田は「ポスターとかでも背負っているロケットがあるんですけれども、あれ、本編でひとつだけじゃなくて2個背負ったりしている場面があるんです。背負いながら走ったり、作業したりするシーンもあったんですけど、あれ、本当に重くて」と告白。


「1個10キロは言い過ぎかもしれないですけど、それくらい体感としてはあって、ふたつくらい持って走ろうか、みたいな感じで言われた時は『別に軽くても良かったんじゃないかな』みたいなのは思いましたけどね」と苦笑した。


その後、山田は「でも質感とか、画で見た時のリアルさは、この重さじゃないと出ないんだろうなと思いながら、自分で納得してやっていました」とも振り返る。


三木監督は「正直言うと、重いものが揺れるのと軽いものが揺れるのは画として違うんですよね」と明かし、「山田さん、それもいとも軽くということはないですけど、アクションに繋げていく身体能力の高さは本当に素晴らしいですよね」と山田を絶賛。


山田は「楽屋でずっとソファの肘当てに首をずっとグリグリしていました。それくらい首がこりました(笑)」とロケットの重さを回顧していた。


その後、会場に大怪獣をイメージしたバルーンが登場すると、山田がバズーカで“あとしまつ”。バルーンが弾け、会場にテープが舞うと、山田は楽しそうに笑みを浮かべた。



最後に三木監督は「賛否両論と言ったらあれですけれども、いろんな感じ方ができる映画にはなっていると思います。思ったことがいろいろあったら、SNSやネットワーク上に書いてもらったりすると、本当に我々一同、それも励みになると思うので、どんなことでも感じたことがあったらぜひ、チラッとでも表現してもらえると僕は非常にうれしいと思います」とコメント。


山田は「大人が全力でふざけているシーンもあれば、全力で真面目に向き合っているシーンもあります。三木監督を筆頭に、僕たちキャスト、スタッフさんは全力でこの映画を作らせていただきました。大人の全力の真剣さ、全力のおふざけを、ぜひたくさんの方に楽しんでいただけたらなと思っております。この映画をぜひ、皆さん愛してください」と挨拶し、イベントを締めくくった。


▼インタビュー記事


映画『大怪獣のあとしまつ』は大ヒット上映中。

企画・配給:松竹 東映 

(C)2022「大怪獣のあとしまつ」製作委員会

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 15件)