『逃亡医F』中村蒼、外国人役に「僕の無駄に濃い顔はこの為にあったのか」

TV 公開日:2022/02/05 8
この記事を
クリップ

大好評放送中の土曜ドラマ『逃亡医F』。2月12日よる10時から放送の第5話からのゲストとして、中村蒼が出演することが決定した。帝都医大のシンポジウムに出席するという都波教授(酒向芳)に会うべく東京にたどり着いた藤木(成田凌)。第5話からは藤木が身を寄せることになる、すでに廃墟となった団地でストーリーが展開。中村は廃団地で生活する外国人労働者たちのリーダー的存在、モーを演じる。




中村は「はじめは驚きましたが僕の無駄に濃い顔はこの為にあったのかと思いました。」とオファーを受けた際の気持ちを、茶目っ気を交えて振り返りつつ、「モーは、日本を日本人より愛しているとても純粋な人間です。逃げる中で様々な人に出会う藤木の心にちゃんと残る人間になれたら良いなと思っています。」と、演じるにあたっての想いを語った。


第5話では廃団地で足にチアノーゼが出ている外国人女性・チュンヤン(森迫永依)とその仲間の外国人たちと出会った藤木。血管か循環器系の疾患を疑って彼女を診察しようとするものの、リーダーのモー(中村蒼)はチュンヤンを守るため、これ以上事を荒立てないようにと藤木に告げる。彼らは不法滞在者で、病院にかかることができないのだという。一方、拓郎(松岡昌宏)は美香子(森七菜)とともに、筋川(和田聰宏)と都波の行方を追う。シンポジウム当日、都波に会うべく帝都医大へ向かう藤木。その途中、藤木はチュンヤンが倒れたと知らされ……!?


<中村蒼(モー役) コメント全文>

今回演じる役を聞いたらミャンマー人。はじめは驚きましたが僕の無駄に濃い顔はこの為にあったのかと思いました。演じるモーは、日本を日本人より愛しているとても純粋な人間です。逃げる中で様々な人に出会う藤木の心にちゃんと残る人間になれたら良いなと思っています。


【第5話あらすじ】

犬のジェシカの命を救った後、警察の追跡を逃れて八王子にたどり着いた藤木(成田凌)。藤木は、長谷川(桐山照史)に連絡して2日後に都波教授(酒向芳)が参加するシンポジウムが予定通り帝都医大で開かれると聞き、シンポジウムへ行く決意をする。

身を隠す場所を探していた藤木は、廃墟となった団地を見つける。疲労から、団地の敷地内にあるベンチで眠ってしまった藤木。すると、外国人女性・チュンヤン(森迫永依)が藤木のカバンを盗もうとする。藤木が目を覚まし、逃げ出すチュンヤン。藤木は、彼女の足にチアノーゼが出ていることに気付く。血管か循環器系の疾患を疑い、診察しようとチュンヤンを追いかける藤木だったが、彼女の仲間の外国人たちに囲まれる。藤木の前に現れたリーダー格のモー(中村蒼)は、チュンヤンと仲間たちを守るため、これ以上事を荒立てないようにと藤木に告げる。藤木と外国人たちの間に一触即発の空気が漂う中、チュンヤンが倒れてしまう。

チュンヤンを診察する藤木。チアノーゼになる原因に心当たりがないかと藤木が訊ねるが、チュンヤンは心当たりがないと答える。藤木から病院に行くことを勧められても、一同は拒否。モーたち外国人は、不法滞在者だったのだ……。この団地に泊めて欲しい藤木は意を決して、無実の罪で警察に追われていることを伝える。藤木が一緒にいると自分たちも警察に捕まってしまうと恐れる一同だったが、お互いに助けたり助けられたりする日本古来の“持ちつ持たれつ”の精神の重要性を説くモーによって、藤木は匿って貰えることになる。そして藤木は、モーたち様々な国籍の外国人が、日本に憧れ夢を抱いて来日したものの無残に夢を打ち砕かれたことを知る。


一方、拓郎(松岡昌宏)は美香子(森七菜)とともに、血痕を残してアパートから姿を消した筋川(和田聰宏)と都波教授の行方を追う。筋川と都波教授は、以前拓郎を襲ったことのある雀荘の店員・吉見(寺井義貴)と前田(趙珉和)に金銭目的で拉致されていた。拓郎は後輩の自衛官・今野(山根和馬)を呼び出し、筋川と都波教授の救出を手伝わせることに。拓郎は美香子と今野を引き連れ、筋川と都波教授が拉致されているホストクラブに突入する。

そんな中、妙子(桜庭ななみ)の親友を名乗る烏丸(前田敦子)が藤木の前に現れる。自分だけは藤木の無実を信じると語り、烏丸は妙子の部屋から勝手に持ち出した“あのカセットテープ”を藤木に差し出す。シンポジウム当日。チュンヤンのことが気になりながら、都波教授に会うべく帝都医大へ向かう藤木。その途中、藤木はチュンヤンが再び倒れたと知らされる。藤木は、事件の真相に迫るため都波の元へ向かうのか。それとも!?



■『逃亡医F』

毎週土曜 よる10時 放送

(C)日本テレビ

※本記事は掲載時点の情報です。