上白石萌音 “運命を変えた作品”を語る、恋愛ドラマに対する意外な胸中も告白!?

TV 公開日:2022/02/04 16
この記事を
クリップ

上白石萌音が、2月6日(日)放送の『日曜日の初耳学』(MBS/TBS系全国ネット放送、22:00~22:54)に登場する。



林先生が“時代のカリスマ”と一対一で対峙する大人気企画「インタビュアー林修」のゲストは、女優・上白石萌音。俳優、歌手、声優として“三刀流”の活躍を見せる上白石だが、その多彩な才能はいったいどんな風に育まれたのか。その原点を探るとともに、これまでの出演作品を振り返りながら、知られざる制作秘話、そして運命を変えたターニングポイントなどについて話を聞く。


昨年はNHK『紅白歌合戦』にも出場。連続テレビ小説で主役を務めるなど、その活躍に注目が集まる上白石。舞台女優になりたいという幼少時代からの夢を叶えた上白石が、物事への考え方や学び続けることの大切さを教えてくれた両親への想いを明かす。


そんな上白石にとって運命を変えた作品と語るのが、初主演映画『舞妓はレディ』。ミュージカル映画ならではのオーディションでの不思議な出来事を明かすとともに、監督や共演者との今も心に残るエピソードを披露。また、その名が広く知れ渡るきっかけとなった映画『君の名は。』では、声優として男女が入れ替わるという難しい設定の役を演じるなど、これまでさまざまなジャンルの作品に出演してきた上白石が恋愛ドラマに対する意外な胸中を告白!?さらに、話題の舞台「千と千尋の神隠し」の役作り秘話も―。




また、番組では新コーナー「林先生これ知らんでしょ?」がスタート。フリーアナウンサーの石井亮次が様々な人や事象の成功術を解説していく。


今回のテーマは、「米津玄師」。昨年『Lemon』のミュージックビデオが7億回再生を突破し、日本人アーティストとして最高記録を樹立。さらに自身の楽曲のミュージックビデオ14作品が1億回再生超えという大記録を達成した米津玄師。いったいなぜ米津の楽曲が日本人にこれほど受けるのか?そこには、米津の楽曲の大ヒットを裏打ちする3つの成功術が!聞く人の心を掴んで離さないメロディーライン、人々が共感する文学的で美しい歌詞、そして、若者たちの心に刺さるミュージックビデオ…その全てを生み出す米津の驚異の才能と能力とは…!?


■『日曜日の初耳学』
2月6日(日)22:00~22:54(MBS/TBS系全国ネット放送)

(C)MBS

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 5件)