佐藤大樹×見上愛『liar』女子目線の心情が綴られたOP主題歌入り映像公開

TV 公開日:2022/02/01 7
この記事を
クリップ

人気小説投稿サイト「エブリスタ」で累計1,500万PVを達成、コミック版は「電子→単行本」という異例のヒット経歴をたどり、累計200万部突破(紙・電子合計)の超・話題作『liar』の実写ドラマ化が発表され注目を集めている。この度、オトナ女子必見のドラマ『liar』より、待望の第四弾情報が解禁。オープニング主題歌と、解禁楽曲入り映像、更に場面写真が解禁された。


女性目線と男性目線、それぞれに進行するストーリーが入れ替わりながら進行する『liar』のオープニング主題歌は、女性目線で綴られたアップテンポの楽曲が起用された。先日解禁されたエンディング主題歌は、男性目線で綴られた切ない歌詞で女子の胸キュン必至だったが、オープニング主題歌では言葉よりも「その瞬間」を信じたいと思う女子目線の心情が綴られている。

【関連】佐藤大樹×見上愛のリアルなラブシーン『liar』本編映像解禁、主題歌はFANTASTICS



オープニング主題歌を担当するのは、海外で注目される4人組のロックバンドtricot。彼らの書き下ろし楽曲『エンドロールに間に合うように』(cutting edge/8902 RECORDS)が起用された。アップテンポの楽曲が、市川と美紗緒の「ズレ恋」のもどかしさを盛り上げる。本楽曲は、2月16日にcutting edge/8902 RECORDSより配信リリースも決定している。

更に、オープニング主題歌入り映像と場面写真も解禁。先日解禁されたエンディング主題歌入り映像の楽曲を変更したバージョンだが、楽曲が変わるだけで映像の見え方も変わる。男目線と女目線、それぞれの曲に乗せて展開されるドラマ『liar』の世界観にハマれる映像に注目だ。

中嶋イッキュウ(tricot)コメント>

主人公美紗緒とイチさんの、くっつきそうでくっつかない、歯痒くもどかしい恋愛模様に翻弄されながら作品を楽しませてもらい、女性側の気持ちに立って歌詞を書きました。どうかこの二人が物語の最後までには結ばれてほしいという願いを込め「エンドロールに間に合うように」と名付けました。音楽の力で、よりこの物語がみんなの心に深く長く残せたら嬉しいです!


■MBS/TBSドラマイズム『liar』

2月15日(火)より地上波放送スタート
MBS:毎週火曜24:59~(※初回のみ25:09~)
TBS:毎週火曜24:58~(※初回のみ25:08~)
出演:佐藤大樹 見上愛 川島海荷 太田基裕 高田里穂 佐藤友祐 山谷花純 / 古川雄輝 升毅

(C)「liar」 製作委員会


▼『liar』OP主題歌入り映像 

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)