『真犯人フラグ』ついに家族と再会、“妻”真帆なのか “娘”光莉なのか「どっち!?」

TV 公開日:2022/01/29 13
この記事を
クリップ

あす1月30日(日)、『真犯人フラグ 真相編』第14話が放送される。凌介(西島秀俊)に失踪中の妻・真帆(宮沢りえ)から電話が。何かを感じて新居の建設予定地へと向かった凌介の前に現れたのは、愛する真帆なのか?というラストで終了した前回第13話。



あす放送の第14話では、謎に包まれたバタコ(香里奈)の過去が明らかに。凌介の職場に冷凍遺体と篤斗(小林優仁)を送り付けたのはバタコだと判明したが、彼女が犯行に及んだ理由や、凌介との関係は依然として不明のままだった。瑞穂(芳根京子)は過去のクレーム電話を手がかりに、バタコの犯行を暴き、河村(田中哲司)は冷凍遺体の少年が何者かを突き止める。阿久津(渋川清彦)と落合(吉田健悟)はバタコの両親から事情聴取し、次々と彼女の過去が明らかになっていく。自分との接点を探るため、凌介もバタコの両親に会いに行くが…?そんな中、凌介の新居に撒かれていた大量の血液が光莉(原菜乃華)のものだと断定される。不安を募らせる一星(佐野勇斗)のもとに、一通のメールが。



ついに、もう1人の家族と“再会”。それは、真帆なのか、光莉なのか、どっち!?あす1月30日(日)放送の第14話をチェックしよう。


▼第13話ストーリー


【第14話 ストーリー】

阿久津(渋川清彦)ら警察は、バタコ(香里奈)が一連の事件の首謀者とみて、かがやきの世界を家宅捜索。瑞穂(芳根京子)は、篤斗のものらしき服の出品者【keiju1008】がバタコである可能性にたどり着き、河村(田中哲司)は、冷凍遺体の少年が何者なのかを突き止める。バタコの両親に会いに行った凌介(西島秀俊)は、彼女の過去を知ることに。新居に撒かれていた大量の血液が光莉(原菜乃華)のものだったと知らされ、不安を募らせる一星(佐野勇斗)のもとに、一通のメールが届いて…!?明らかになるバタコの素性、水面下で動く不気味な強羅(上島竜兵)の正体、暴走する陽香(生駒里奈)の目的とは――!?


■『真犯人フラグ 真相編』

毎週日曜よる10時半~11時25分放送

(C)日本テレビ

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 5件)