白石麻衣を“喰う”女優現る?「一瞬“私かな?”と思うくらい」

TV 公開日:2022/01/28 14
この記事を
クリップ

迫稔雄作のシリーズ累計880万部突破の人気漫画『嘘喰い』を実写化、会員制の闇倶楽部「賭郎(かけろう)」を舞台に横浜流星演じる天才ギャンブラー・斑目貘が史上最恐のデス・ゲームを繰り広げる映画『嘘喰い』が2022年2月11日(金)より全国公開となる。


そしてこの度、映像配信サービス・dTV®にて、映画にも登場する人気キャラクターに焦点を当てたオリジナルドラマ『噓喰い -鞍馬蘭子篇/梶隆臣篇-』を、映画公開と同日2022年2月11日(金)より全4話で独占配信することが決定。本作は貘と出会い借金まみれの人生が一変、裏社会でのし上がっていく青年・梶隆臣とサディスティックな最狂女組長・鞍馬蘭子の2人が、親友、クズ親、抗えない過去といった、それぞれ背負うもののために、究極の騙し合いゲームに挑む様を描く。


映画版同様のキャラクターを演じ、佐野勇斗白石麻衣がW主演をつとめるdTVオリジナルドラマ『嘘喰い -鞍馬蘭子篇/梶隆臣篇-』。このたび、白石麻衣主演の「鞍馬蘭子篇」(1話目&2話目)の予告映像が解禁。


客から金をむしり取る闇カジノを仕切る“最狂”女組長の鞍馬蘭子というだけあって、鞭をふるい啖呵を切りながら闊歩するダイナックかつ格好いい蘭子が炸裂。そして、大切な親友を救うために「このおとしまえは私がつける」と覚悟を決めた強い目線でこちらを射抜く表情など、白石麻衣の新境地とも言える演技に圧倒。ラストは、冷酷な表情で敵を痛めつけようとする姿が切り取られており、一体蘭子に何が起こったのかー。本編への期待が高まる。主題歌は、映画版の主題歌でもある、B’z書き下ろし楽曲『リヴ』。映画版に引き続き、ドラマ版も最高潮に盛り上げる。


【関連】白石麻衣、“人生の1番の賭け”を明かす「違う道に進んでいたら…」


「鞍馬蘭子篇」の解禁にあわせ、本作が“嘘”を“喰う”ゲームでもあることから、「“嘘”を見破ることができるのか?」と挑戦的な “嘘”予告映像が特別に制作された。冒頭、白石麻衣演じる鞍馬蘭子が、背中を切り付けられ怒りをあらわにしながら振り向くが・・・その正体は、大久保佳代。白石麻衣になりきり、鞭をしならせ、唇に紅を指す演技など、一歩も引けを取っておらず、どちらが“嘘”なのか見破るのが難しいほどの熱演を見せている。


演じた大久保も、「何なら「越えてやれ!越えて『こちらのほうがいいんじゃないかな』」と、観た監督が何か作りたくなるような野心を持ってやりました」と乗っ取り宣言ともいえる自信を見せた(※注:主演女優になりきってコメント)。“嘘”予告を観た白石麻衣本人も、「一瞬「私かな?」と思うくらい」と、女優・大久保佳代子の熱演に思わず騙されそうになったとコメント。


配信前から、作品からの挑戦とばかりに“嘘”を仕掛けてくる『嘘食い』。自分の過去を乗り越え、親友、そしてファミリー(組)のために挑む大胆不敵な“騙し合いゲーム”を描く「鞍馬蘭子篇」に隠されている嘘は果たして見破れるのかー。白石の熱演が早くも話題になっており、その一端が垣間見える予告編を手掛かりに、配信を心待ちにしたい。オリジナルドラマ『嘘喰い -鞍馬蘭子篇/梶隆臣篇-』は2022年2月11日(金)よりdTVにて独占配信。


1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 3件)