新月10ドラマ 広瀬アリス×松村北斗の本格ラブストーリー『恋なんて、本気でやってどうするの?』放送決定

TV 公開日:2022/01/27 20
この記事を
クリップ

カンテレ・フジ系の2022年4月期月曜よる10時連続ドラマとして、広瀬アリスが主演を務める『恋なんて、本気でやってどうするの?』(略称:恋マジ)の放送が決定した。



広瀬アリス×松村北斗 約9年ぶり共演で“本気の恋”

プライム帯(午後7時~11時)ドラマ初主演となる広瀬は27歳で“恋なんて人生のムダ!”と宣言している恋愛経験・男性経験ゼロの桜沢純(さくらざわ・じゅん)を演じる。また、そんな純の前に現れる女性を癒す天才で“来る者拒まず去る者追わず”の刹那恋愛主義男子・長峰柊磨(ながみね・しゅうま)役にSixTONESの松村北斗が決定した。広瀬と松村は2012年に放送された『黒の女教師』(TBS系)以来、約9年ぶりの共演となる。


本作は、純や柊磨を含む恋に本気になれない6人の男女が人生最大の“本気の恋”に落ちていく姿を描く群像ラブストーリー。


役どころは?

広瀬が演じる桜沢純は、洋食器メーカー「相良製陶」のデザイナー。仕事では若くしてチーフを任される実力者で、ファッションや食べ歩きなど趣味も充実、親友との女子会も楽しくて仕方ない。そんな充実した東京ライフで、人生のビジョンもはっきりしているため、このペースを乱したくない。だから「恋なんていらない!」と宣言する彼女は27歳にして恋愛経験ゼロ・男性経験ゼロ。「恋愛なんて不確かなもので心と時間を無駄にしたくない」と考えているのだ。頑ななまでのそのスタンスには、ある理由が隠されているが…。


松村が演じる長峰柊磨は、フレンチビストロ「サリュー」のギャルソン兼見習い料理人。目を見張るほどのイケメンで、初めての女性客にはマスクを取って心をつかむ。女性の欲しがる優しい言葉や笑顔を返す感覚は天才的。恋愛は刹那主義で、求められれば店の客とも適度に関係をもつが、本気になることはないクールなスタンス。そんな柊磨がなぜか純に興味を持ってアプローチしたのをきっかけに、二人の恋が動き出す…。


ほか4人の男女が登場

今回発表された桜沢純役の広瀬アリス、長峰柊磨を演じる松村北斗の他にも、恋に“難アリ”な4人の男女が登場する。安定志向早婚レス妻・清宮響子(きよみや・きょうこ)と、「サリュー」で働く料理の腕は超一流のミステリアスシェフ・岩橋要(いわはし・かなめ)。そして、愛され中毒のパパ活女子・真山アリサ(まやま・ありさ)と、不思議系陰キャ男子・内村克己(うちむら・かつみ)の4人。その他、個性的な出演者たちが登場するが、第2弾は清宮響子と岩橋要の2人の情報解禁を予定している。果たして誰が演じるのか、続報に期待しよう。


コメント

<広瀬アリス コメント>

ドラマのオファーを頂いたとき、正直、“マジか~!”と思いました。これまでさまざまな作品に出させていただいたんですが、この作品のようにがっつりしたラブストーリーはあまり経験がなくて…思わず現場で照れ笑いしてしまいました(笑)。私が演じる桜沢純は、恋愛経験がゼロなのに「もう恋愛なんて別に私の人生にはいらないの」って言っているような恋愛をこじらせた女性。でも、仕事はちゃんとやっていて充実しているし、後輩もいるし、上司からは信頼されている。でも、友達と会っているプライベートの時は、弱さも出しながらスイッチを切り替えている実はどこにでもいそうな女性。思ったことをうまく表現できず素直になれない。そんな不器用な部分は私自身、純に似ているなと感じました。
共演する松村さんは、以前、学園ドラマで共演して9年ぶりくらいになりますが、テレビで見ているときはキラキラしたイメージですが、すごく落ち着いていて柊磨にぴったり。台本で読んでいた時の柊磨は、ミステリアスでちょっと無機質という印象もありましたが、松村さんがそれに息を吹き込むことによってすごく人間らしくて、もちろんかっこよくて、ミステリアスがより一層増して、とても魅力的だなと思いました。
3組の男女の恋愛を軸にラブストーリーが展開されていきます。その微妙な変化、人間の変化、恋愛心の変化っていうのも見ていただきたいですし、友達との距離感っていうのも、「あ、こんなことで!」とか「こういうことで仲良くなれるんだ!」とか「こういうときに支え合うんだ!」とか、そういうことも改めて考えさせられるのではと思います。
あとは個性豊かなキャラクターが本当にたくさん出てきて、ドラマ自体もスピーディーに進んでいくので、ずっと楽しめるドラマだと思います。


1/2ページ