櫻井翔「嵐にならないという選択肢は無かった」デビュー時の思いを語る

TV 公開日:2022/01/25 8
この記事を
クリップ

大正製薬株式会社は、アレルギー専用鼻炎薬「クラリチン(R)EX」および「クラリチン(R)EX OD錠」のCMキャラクターに引き続き櫻井翔を起用し、新TV-CM『我慢 or クラリチン』篇(30秒・15秒)を制作、1月25日(火)より全国でオンエア開始する。


新TV-CM『我慢 or クラリチン』篇は、花粉などによる鼻みず、鼻づまり、くしゃみなどのアレルギー症状で仕事が手につかず困っている人の前に現れた櫻井が、そのままあきらめてつらい症状を我慢しつづけるか、それとも1日1回1錠でずっと効くのに眠くなりにくい「クラリチン(R)EXシリーズ」を試すのか、「さぁ、あなたはどっち?」と選択を促すというストーリー。


また、全国での新TV-CMのオンエア開始に合わせ、1月25日(火)より「クラリチン(R)EXシリーズ」のブランドサイトをリニューアル公開。新TV-CM『我慢 or クラリチン』篇の他、撮影の様子を収録したメイキングムービー等が視聴出来る。

<撮影エピソード>

順調に進んだ撮影を振り返り、「1日1回1錠と、1が並ぶので(セリフを)言う立場としては覚えやすいです」とその理由を分析してくれた櫻井。「CMをご覧いただいた方にも“1”の数字を覚えていただけたらなと思います」と語った。

順調に進む撮影だが、花粉の症状に苦しむ女性に櫻井が選択を促すシーンでのこと。「よーい、スタート!」の声に合わせて女性のそばに歩み寄りながら、情感をたっぷりと込めてセリフを言う櫻井。「カット!」の声に撮影は中断されるものの、セリフの言い回しに違和感を覚えた監督からなかなか「OK」の声がかからない。すると櫻井は「そうか、逆か!」と何かに気付いた様子。そう、本来であれば「そのままあきらめて/我慢しつづけるか…」と言うべきところを、「我慢しつづけて/あきらめるのか…」と反対に言っていたのだ。あまりの櫻井のスムーズな言い回しに周囲も気づかず、どちらが正しいセリフか確認を迫られた一場面であった。

新TV-CM『我慢 or クラリチン』篇に関連して、櫻井にこれまでに二者択一を迫られたことがあるか聞いてみた。「“人生の大きな決断”的な二者択一って…、無いですね」と櫻井。「デビューする時に、嵐になるか、ならないかという二者択一があった、というようなことが言えればいいのですが、嵐にならないという選択肢は無く、一択でした」と教えてくれた。

1月25日に発売5周年を迎える「クラリチン(R)EXシリーズ」。「(CM出演の)お話をいただいた時から、ずっとご縁を感じています」と、くしくも同日40歳という節目を迎える櫻井。「誕生日が一緒ってなかなか無いですし、このご縁を大切にして、クラリチン(R)EXと一緒に誕生日を祝いたいと思います」と話してくれた。

「クラリチン(R)EXシリーズ」ブランドサイト:https://brand.taisho.co.jp/claritin/(外部サイト)

※本記事は掲載時点の情報です。

関連タグ