『ファイトソング』“芦田”間宮祥太朗を追い込むキャスト発表、異色の組み合わせ

TV 公開日:2022/01/19 7
この記事を
クリップ

火曜ドラマファイトソング』(TBS系、毎週火曜よる10時~)第3話に、前田旺志郎BiSHハシヤスメ・アツコが新進気鋭のド派手なミュージシャン役で登場することが発表された。




昨年度前期放送のNHK連続テレビ小説『おかえりモネ』でヒロインを好演し、いま最も注目される若手女優の一人である清原果耶が民放ドラマ初主演を務める本作。


前田旺志郎とBiSHのハシヤスメ・アツコは、1月25日(火)よる10時放送の第3話にゲスト出演する。前田とハシヤスメが演じるのは、間宮祥太朗演じる芦田春樹の家に乗り込んでくる同じ事務所の新進気鋭のミュージシャンで、ロッカー風のド派手な出で立ちの男女コンビだ。所属事務所との契約解除が迫る芦田の元に、次の入居者として部屋の下見に訪れ、身勝手な振る舞いで芦田を追い込んでいくのだが…。


前田は子役としてデビューし、2007年には2歳上の兄・前田航基と共にお笑いコンビ・まえだまえだとして活動。2021年はNHK連続テレビ小説『おちょやん』で注目を浴びたほか、映画『キネマの神様』や『彼女が好きなものは』等、数々の映画、ドラマや舞台でも活躍中だ。


ハシヤスメは「楽器を持たないパンクバンド」として若者から絶大な人気を誇るBiSHのメンバー。昨年にはNHK紅白歌合戦に初出場を果たすなど大躍進の中、突然2023年に解散することを発表し世間を騒がせた。ハシヤスメは、昨年ドラマで主演デビューを果たし、活躍の幅を広げている。

【関連】ハシヤスメ・アツコの主演ドラマ


前田とハシヤスメという異色の組み合わせの2人の登場が、間宮演じる芦田にどんな心の変化をもたらすのか要注目だ。


昨日放送された第2話では、木皿花枝(清原果耶)と芦田が付き合うことに。花枝と芦田は不器用ながら初デートを決行するものの、デートスポットの選択を完全に間違えたところで終わった。これからの展開に注目が集まっている。


清原果耶、間宮祥太朗、菊池風磨が演じる不器用な若者たちの恋と成長のヒューマンラブコメディ。不器用だけどまっすぐなヒロインによる人生初めての“恋への挑戦”は、一体どうなる? 火曜ドラマ『ファイトソング』、今後の展開に期待が高まる。


<前田旺志郎 コメント>

普段僕はアクセサリーを全くつけないのですが、この役では全ての指にアクセサリーをはめたんです。このようなメイクも初めての経験でしたが、今回のような格好をするとロックな気持ちを味わえて、演じていて楽しかったです。芦田を応援したい人が多い中、第3話に出てくる僕らは凄い嫌な存在かもしれません。ここから芦田がどうなっていくか僕もいち視聴者として楽しみにしています。僕らのことを嫌いにならずに楽しんで第3話を見ていただければと思います。


<ハシヤスメ・アツコ(BiSH)コメント>

私が演じる役はすごく無口で、セリフは一言しか話しません。でもその一言が、間宮さん演じる芦田を追い込むのに結構重要で、芦田を「いかに追い込められるか」というのを考えてやらせていただきました。私も個人的には芦田を追い出したくないんですけど、頑張って“今売れてるアーティスト感”を出しながら悪役を演じさせていただいたので、そこも踏まえて見ていただけたらうれしいです。


■火曜ドラマ『ファイトソング』
毎週火曜よる10:00~10:57

(C)TBS

※本記事は掲載時点の情報です。