『ケイ×ヤク』犬飼貴丈が魅せる振り幅“色気と可愛さ”のギャップが「やばい」と話題

TV 公開日:2022/01/18 72
この記事を
クリップ

主演・鈴木伸之、共演・犬飼貴丈による2022年1月期の日本テレビ系ドラマ『ケイ×ヤク』(毎週木曜よる11時59分~)。第1話が1月13日に放送され、SNS上では「カッコいい」「色気がやばい」と鈴木伸之&犬飼貴丈のバディに期待の声が高まっている。物語では、鈴木伸之演じる堅物な公安捜査官・一狼と犬飼貴丈演じるミステリアスなヤクザ・獅郎が禁断のバディを結成。職業も性格も正反対な男たちが闇に葬られた事件を秘密捜査で追ううちに、次第に巨大な陰謀へと巻き込まれていく“あぶないサスペンス”だ。(以下、第1話ネタバレあり)



キラキラしたイルミネーションの中を、一狼(鈴木伸之)と獅郎(犬飼貴丈)が仲良さげに歩く。
「全部終わったらさ、あれ作ってよ。」
獅郎は、一狼に甘い卵焼きをつくってほしいとねだるが、一狼は「作らない」と笑う。
たわいのない話をしながら、2人で自撮りしたり、笑い合ったりと、優しい時間が流れていく。
「頼むって一狼。生きて帰れたらさ」
「しょうがないな。」
“生きて帰れたら”の一言で、覚悟を決めたように2人の表情が一変した。


オープニングからギャップが激しい。甘いものが好きで、かわいく甘える犬飼貴丈と、優しく笑いかける鈴木伸之に癒やされていたところ、急に緊張が走った。このあと描かれた2人はまだ他人同士で、常に緊張感が漂っていた。オープニングの2人の関係性になるまでに一体何があったのか、これから2人がどんなギャップを見せてくれるのか、一気に興味をそそられた。

【画像】第2話場面写真をもっと見る(全9枚)


第1話は獅郎(犬飼貴丈)がベッドから起き上がるシーンから始まった。ホテルの部屋で一緒にいるのは初老の男。男から見送りを促されても、「そういう健気な奴ってウザくない?」と言う獅郎。クールな台詞や背中いっぱいのタトゥーは、とてもミステリアスな雰囲気で、オープニングとは全く違う顔を見せる。犬飼貴丈の演技の振り幅に期待が高まるシーンだった。


ヤクザである獅郎は、公安部の捜査官である一狼(鈴木伸之)にマークされることになる。尾行の末、一狼は獅郎が経営する会員制サロンに潜入し、獅郎との接触に成功。2人が初めて対面するこのシーンは、犬飼貴丈が鈴木伸之の唇についた血をぬぐう仕草に「色気がやばい」「身長差が最高」とSNSでも盛り上がりを見せた。また、本作では犬飼貴丈の喧嘩シーンも多く、自身が『仮面ライダービルド』で見せた“正義のヒーロー”として戦う姿とのギャップも見どころの1つになりそうだ。


会員制サロンでは闇の“ファイトクラブ”が行われ、一狼も参戦するが負けて気を失ってしまう。目を覚ました一狼に、獅郎は「何と闘ってたの?」「なんかグチャグチャしたもん 抱え込んでるよな」と言い放つ。獅郎の見透かしたような目にただならぬ雰囲気を感じると同時に、謎も深まる展開となった。


第1話で明かされた衝撃の事実と2人の接点。一狼の先輩公安捜査官・莉音(栗山千明)は3年前に何らかの事件に巻き込まれ、警察は殉職と決めつけるも遺体は見つかっていない。莉音を慕う後輩である一狼、そして莉音の弟だという獅郎。莉音を探したい二人が、墓に供えようと持ってきていたのは、全く同じ500mlの缶ビール。莉音のお気に入りだった。手を組むと決めた2人を印象づけた“1つのマッチでたばこに火をつけるシーン”でOCTPATHの主題歌『IT’S A BOP』が流れると、「ドキドキした」「絵になりすぎ」とコメントが寄せられ、“バディ”となった犬飼貴丈と鈴木伸之の、今後の展開に期待が高まる第1話となった。


さらに、本作は毎話ラストに「おまけ」エピソードがついている。今回は、一狼が獅郎の携帯番号を聞こうとするシーン。携帯を持っていないと嘘をつく獅郎に、真剣に話し続ける一狼。「はい もしもし~。」かかってきた電話に当然のように出る獅郎を見て、一狼は唖然とする。「持ってるに決まってんだろ。」と獅郎にあしらわれ、「小学生か…。」とつぶやく一狼に、今までの張り詰めた空気が和らいだ。シリアスで多くの謎が気になる本作だが、ラストでホッと一息つけ、犬飼貴丈と鈴木伸之の可愛いやり取りに和み、楽しい気持ちで終われる。毎話ラストの「おまけ」も楽しみだ。


原作は連載中で、第1話放送日に7巻が発売された。原作とドラマの違いも話題になっており、原作には登場しないオリジナルキャラクターとして登場した眞島秀和には、「早く正体が知りたい」などの声が上がっている。詳しい役どころは謎に包まれているが、一狼と獅郎の2人が追っていく事件、さらには2人の過去とも繋がる重要な鍵を握る人物となるという。一狼の上司役の徳井義実、獅郎と同じ峰上組に所属する兄貴分のヤクザを演じる松本利夫も裏がありそうな雰囲気を持っており気になるところだ。


また、第2話には萩原みのりも出演。萩原が演じるのは一狼(鈴木伸之)の幼馴染でもあるパティスリーのスーシェフ・千夏。21年10月期ドラマ『お茶にごす。』(テレビ東京)に続いて、2期連続の共演。茶道部の“同級生”だった2人が、本作でどのような関係を見せてくれるのか注目だ。


そして第2話放送内で、OCTPATHが歌う、もう1つの主題歌『Be with U』が音源初解禁されることも発表されている。今後の展開が気になる『ケイ×ヤクーあぶない相棒ー』第2話は、1月20日(木)よる11:59から放送される。



1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 9件)