Kis-My-Ft2 北山宏光、TVCMソロ初出演で企画にも挑戦「あんまり眠れなかった」

TV 公開日:2022/01/14 10
この記事を
クリップ

株式会社Knotノットは、その日の気分やファッションに合わせて時計本体やストラップ、バックルを交換し、10万通り以上の組み合わせが楽しめるカスタマイズウォッチ『Knot』のCMキャラクターに、TVCMソロ初出演となる北山宏光Kis-My-Ft2)を起用し、新TVCM「Niji Iro 時をつなぐ」篇(15秒/30秒)を1月14日(金)から全国でオンエアする。


本TVCMは、北山が『Knot』を身に着けながら過ごす架空の一日を切り取ったショートストーリーで、『Knot』を中心とした映像世界で時間がジャンプするイメージを表現。


企画段階から会議に参加した北山は、『Knot』創業の地であり自身も学生時代によく訪れたという吉祥寺の街をロケ地として提案。古着屋や純喫茶など、吉祥寺らしさをイメージさせる店舗も北山のアイデアで選定された。

また、今回はカメラで撮影した静止画をつなぎ合わせることで、まるで止めた時が再び動き出す様な印象的な表現を採用。他にも、CMの随所に登場する北山に因んだモチーフの数々も見所だ。

<撮影エピソード>

今回はCMの企画会議に北山がはじめて参加。会議の場が北山と社長の遠藤とは初対面だったが、お互い思い入れのある吉祥寺の話に花が咲き、実は名前の読み方(ヒロミツ)が同じということもあり、早くも打ち解けた様子。会議が始まると監督をはじめスタッフと意見を出し合い、音楽や衣装、映像の構成など、CMの重要なポイントとなるアイデアを自ら積極的に出していた。

吉祥寺の古着店で行われたこの日最初の撮影は、古着好きな北山にとって“幸せな時間”だったようだ。パッチワークのジャケットを羽織って登場した北山は監督との打ち合わせを終えると、所狭しとディスプレイされたカラフルな洋服をチラチラと眺めながらウインドーショッピングをエンジョイ。カメラのスタンバイが完了すると、北山は帽子とメガネを合わせながら、左手につけた『Knot』の文字盤を眺めニッコリ笑顔に。監督からの指示で時計の時刻を『9時17分』に合わせると、所定のポジションに立ちシリアスな表情で撮影に臨んだ。

古着屋や純喫茶など、けっして広くない店舗を選んで行われたCM撮影だが、一眼レフカメラならではの機動力を活かしたアクロバティックな撮影に、北山はワクワクした表情を見せていた。また、静止画による撮影中は音声収録を行っていないこともあり、撮影現場はBGMが流れるなどリラックスした雰囲気。北山は1シーン撮り終えるごとに撮影クルーの元へ駆けつけ、自らPCを操作しながら画像を確認し「この角度からの見え方はおもしろいね~」と、自身の表情や演技を楽しそうにチェックしていた。

吉祥寺の街を訪れるとよく純喫茶へ足を運んだという北山。撮影現場となった喫茶店のカウンター席にはクリームソーダが提供され、「レモンかな?メロンかな?」と黄色いソーダ水の正体に興味津々。撮影の合間に味わうチャンスを見つけた北山は、ストローでそっと吸い込み「レモンだ!」と確認した後、スッキリした表情で「甘くておいしかった」と感想を話していた。

「撮影シーンの撮影」は、札束を撒き散らしながら逃走する動物マスクの男たちを追跡するというユニークな設定にクスリと笑みをこぼした北山だが、動物マスク役のキャストが実は先ほどまで一緒に仕事をしていた制作スタッフであることを知り、「えっ!?」と驚きの表情に。さらに演技の一部として参加している撮影クルーやメイクスタッフも、ここまで一緒に仕事をしてきた本物であることが明かされると、北山は満面の笑顔で労いの言葉をかけていた。長時間に及んだ1日のラストとなる撮影だったが、北山は疲れを見せることなく、意思疎通の図れる“仲間たち”との共演を楽しんでいた。

1/2ページ