広瀬アリス&臼田あさ美が空想の街で着こなす“レトロで可愛いファッション”公開

TV 公開日:2022/01/12 9
この記事を
クリップ

木丸みさきのコミックエッセイ『失恋めし』(KADOKAWA刊)原案、読売テレビ制作、広瀬アリス主演ドラマ『失恋めし』が、Amazonプライム・ビデオにて1月14日(金)から全10話一挙独占配信をスタート。更に、2022年7月には読売テレビにて地上波放送が予定されている。



ドラマ『失恋めし』の主人公でイラストレーター・キミマルミキを演じるのは、ドラマ・映画など話題作への出演が相次ぎ、人気と実力を共に兼ね備えた今最も注目を集める女優・広瀬アリス、近所の花屋の青年を井之脇海、ミキのマンガを連載する出版社の編集者に村杉蝉之介臼田あさ美安藤ニコ、近所のお弁当屋を若林拓也がレギュラーキャストとして出演し、監督には、『勝手にふるえてろ』(17)『私をくいとめて』(20)などの話題の映画を手掛ける大九明子監督がメガホンを取る。


【画像】広瀬アリスのレトロなファッションを見る(全4枚)


本作は、失恋で心を傷めた失恋人たちが各話ごとに登場し、忘れられない美味しい味のエピソードとともにストーリーが展開。各話ゲストとして門脇麦前野朋哉小西桜子三浦透子大友花恋紺野ぶるま深川麻衣、そして、林遣都というフレッシュで豪華なキャストが顔を揃える。ミキと共においしいめしを味わううちに傷ついた心がいつしか癒され前向きな気持ちになっていく。


今回解禁されたのは広瀬アリス演じるイラストレーター・キミマルミキと、臼田あさ美演じる、ミキの漫画の担当編集の佐藤双葉、通称“2号さん”のファッションを切り取った写真。「“丸々区三角町”というふざけた一区画を爆誕させ、血眼でゆるさに徹しております。」と大九監督がコメントしている通り、ゆるい空想の町に住む2人。そのちょっとした異世界感はふたりのファッションによっても演出されている。


サバ子(門脇麦)と出会った日のミキは赤いTシャツに独特な柄のベストを着こなしており、またある日は黒いTシャツに色とりどりのキャミソールを重ね着するミキ。またある日は、花柄のカットソーに白いオーバーオール、と、珍しい組み合わせのスタイルを着こなすミキ。漫画家らしく(!?)取材がしやすいように動きやすいながらもゆったりとしたシルエットが特徴のものを着こなす。


代わって“2号さん”はド派手なワンピースに、クラシックなアクセサリーを加えるのが得意な様子。レトロなワンピースとの相性が抜群で、赤いリップを合わせるところまでこだわっている。一体どこで洋服を買っているの?という2人のどこか懐かしくてゆる~いファッションが馴染む“丸々区三角町”。この町でどんな“失恋”と“めし”に出会えるのか―。本作は、すべて実在する飲食店で撮影を行っており、各話ごとにそのお店の人気メニューが続々登場。失恋の数だけ忘れられない思い出の味がある。全10話で紡ぐ『失恋めし』に期待が高まる。



■『失恋めし』(全10話)

2022年1月14日 Amazonプライム・ビデオにて一挙独占配信
読売テレビ2022年7月放送予定
出演:広瀬アリス 井之脇海 村杉蝉之介 臼田あさ美 安藤ニコ 若林拓也
原案:木丸みさき『失恋めし』(KADOKAWA刊)
主題歌︓Homecomings『アルペジオ』(ポニーキャニオン/IRORI Records)
制作著作:読売テレビ

©木丸みさき・KADOKAWA/ytv

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 4件)