『真犯人フラグ』 真相編スタート、西島秀俊の“娘”光莉が涙ながらに衝撃の告白

TV 公開日:2022/01/08 17
この記事を
クリップ

あす放送の第11話から、いよいよ『真犯人フラグ 真相編』がスタート。危うくも一命を取り留めた息子・篤斗(小林優仁)から、「パパが…、ママを…殺した」と言われてしまった凌介(西島秀俊)。第10話のラストで、突如として我が子から犯人と名指しされてしまった悲劇の男に、どんな運命が待っているのか。



阿久津(渋川清彦)らに任意同行を求められ、警察へ連行される凌介。凌介は篤斗から犯人と名指しされたことが信じられない。その日の事情聴取が終わって、篤斗の病院へ向かう凌介だったが、参考人である凌介を被害者の篤斗に会わせるわけにはいかないと警察官に止められる。会社では本社社員たちが待ち受け、退職するように圧力をかけられるのだった。


【画像】別カットを見る(全5枚)


孤立無援の中、瑞穂(芳根京子)、一星(佐野勇斗)、河村(田中哲司)は、林(深水元基)の行方を捜そうと団結。瑞穂は林の恋人、茉莉奈(林田岬優)に会いに行く。一星は、林が使っている赤い車の情報収集を始める。河村は、住愛ホームの贈収賄疑惑を記事にして、林の動きを待つことに。週刊追求の記事で、いよいよ焦りが頂点に達した林がとった行動とは。そして、失踪中の娘・光莉(原菜乃華)が涙ながらの衝撃の告白を―。あす1月9日(日)スタートの『真相編』を、見逃さないようにしよう。


【第11話 ストーリー】

凌介(西島秀俊)は、阿久津(渋川清彦)らに任意同行を求められて警察へ。凌介は連日、事情聴取を受ける。凌介は篤斗(小林優仁)の病院へ向かうが、“参考人と被害者”であることから、会わせてもらえない。会社でも退職を促され、憔悴する凌介。一方、「至上の時」の作戦会議では、林(深水元基)の行方を捜すことで意見が一致。

河村(田中哲司)は、等々力建材と住愛ホームが関わる贈収賄疑惑を記事にして、アリバイを証明することで林の動きを待つことに。一星(佐野勇斗)は、林が使っている赤い車についてSNSで情報収集を始める。瑞穂(芳根京子)は、茉莉奈(林田岬優)に会いに行く。林の逃亡に協力している茉莉奈は、週刊追求の記事が出てたことで、林を守り切れないのではと焦っていた。事情聴取をすべて終えた凌介は、篤斗の病院を訪ねる。凌介の姿を見た篤斗の反応は…!?そんな中、光莉(原菜乃華)が、涙ながらに衝撃の告白をする――!


■『真犯人フラグ 真相編』

1月9日(日)スタート 毎週日曜よる10時半~11時25分放送

(C)日本テレビ


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 5件)