山口紗弥加主演『シジュウカラ』EDテーマ決定、板垣李光人との場面写真も公開

TV 公開日:2022/01/05 13
この記事を
クリップ

テレビ東京では1月7日(金)深夜0時12分から、ドラマ24『シジュウカラ』を放送。原作は、「JOUR」(双葉社)連載中の、女性から圧倒的支持を得ている漫画家・坂井恵理による同名コミック。



主人公の売れない漫画家・綿貫忍を女優の山口紗弥加、主人公・忍と恋に落ちる22歳のアシスタント・橘千秋を板垣李光人が演じ、監督を大九明子が務めることで話題の本作。ほかにも、宮崎吐夢池内博之酒井若菜入山法子和田光沙ら実力派俳優の出演や、オープニングテーマにロイ-RöE-の書下ろし楽曲『ニードル』が決定したことも発表され、注目を集めている。


そんな本作のエンディングテーマが、SpendyMilyの『後悔』に決定。2020年に結成し、SNSを中心に活動を続け、2021年に本格始動した注目のバンドSpendyMily。叙情的かつハイテクニックなyukirieのギターを中心とし、既存の枠組みに捉われないアレンジを追求する事でインターネットシーンにおいて国内外問わず幅広い音楽ファンからの高評価を獲得している彼らが手掛けた楽曲『後悔』が、本作のラストを、美しく締めくくる。


放送はついに今週金曜深夜0時12分から。不器用な登場人物たちの生き様を見ていると、どこか共感できるところがあるはず。是非放送を見て、それぞれの楽しみ方を見つけよう。


<SpendyMily コメント>

この度、ドラマ「シジュウカラ」のエンディングテーマ曲を担当させていただくこととなり、大変嬉しく思います。〝後悔〟は、本当の愛とはなんだったのか、本当の気持ちはどこにあったのか、そんな口で説明するには難しい深層の部分を探し求め、傷つきながらも走り続けるような、そんな歌詞になっています。サウンド面でも全体的に物悲しい空気に包まれながらも心の底から湧き上がる感情を彷彿とさせるような鋭い一面も見せるトリッキーな楽曲に仕上がっています。表と裏を感じさせる、ポーカーフェイスな楽曲を、ドラマと共に楽しんでいただけたら嬉しいです。


【第1話あらすじ】

アシスタント歴20年を超えて夢を諦めた売れない漫画家・綿貫忍(39)は、たくさんの思いを東京に残し地元に戻って筆を置いた。だが皮肉にもその直後、昔描いた人気薄だった自作が電子書籍でバカ売れする。そして「これが最後」だと、再度本気で漫画と向き合うことに。

そんな中出会ったアシスタントは、橘千秋(22)という美しい青年だった…。若者にしては妙に落ち着いており、どこかしら人懐っこい好青年である一方で、時に発する意味深な発言と、何より忍への“奇妙な”アプローチを仕掛けてくる千秋に、徐々に忍は違和感を覚え始める。「彼は、何かがおかしい…」不穏な空気を忍の家へと持ち込んだ千秋に対して、言いようのない不安と抗いようのない興味に揺れる忍。さらにそんな千秋と交流する内に、忍の中に積み重なっていたある種の歪みが顕在化してくるのだった…。



■ドラマ24『シジュウカラ』

2022年1月7日(金)スタート、毎週金曜深夜0時12分
放送局:テレビ東京、テレビ大阪、テレビ愛知、テレビせとうち、テレビ北海道、TVQ 九州放送
主演:山口紗弥加
出演:板垣李光人 宮崎吐夢 入山法子 和田光沙 / 酒井若菜 池内博之
オープニングテーマ:ロイ-RöE-『ニードル』(SDR)
エンディングテーマ:SpendyMily『後悔』
原作:坂井恵理『シジュウカラ』(双葉社 JOUR COMICS)

© 「シジュウカラ」製作委員会

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 5件)