松本潤「SUUMO」CMに初出演、幻想的空間を浮遊しながら理想の住まい発見

TV 公開日:2022/01/04 12
この記事を
クリップ

不動産・住宅情報サイト「SUUMO」は、1月 5日(水)より、松本潤を起用した新 TV-CM の放送を開始する。今回の CMは「SUUMO」TV-CM では初となる幻想的なデジタル空間をイメージした、新たな世界観となった。


とある街中の広場で「住まい探しといえば「SUUMO」だね!」とスマートフォンを手に、物件を探し 始める松本。画面をタップし物件を検索すると、体が浮き上がり、ネオンのように光る間取り図が  広がる空間へと誘われる。たくさんの間取り図に囲まれ期待高まる表情を見せる松本と、手足を  パタパタと動かし浮遊するスーモ。すると、数ある物件の中から松本の瞳に一つの物件が映る。

「見つけた!」と理想の住まいが見つかったところで、松本とスーモはもといた広場に戻ってくる。物件数 No.1の「SUUMO」だからこそできる理想の住まい探しを、幻想的な世界観で描いた CMに仕上がっている。


<メイキングインタビュー>

今回のCM撮影の感想は?

すごく楽しかったです。久々にワイヤでつられたりしましたし、どんなCMになっているか楽しみ です。それから「スーモは実在するんだ!」ということが印象的でした(笑) 現場ではずっとスーモの横で撮影していましたよ。


松本さんにとっての理想の住まいや家に求めるものは?

たくさんありますね。日当たりとか、家の中の動線とか。例えば朝起きて、バスルームはどこで、そ  のあと服を着替えるときに、どこに服を置いてとか。内見に行くときも自分でシミュレーションして「ここには何を置こう」「この方が使い勝手が良いな」とか、コンセントの位置なども気になりますね。  

今の自宅はとてもシンプルにしていて、置いてある物も少ないです。断捨離して必要最低限にしま した。


2021年はどんな年でしたか?

2021年は環境が変わった年だったので、日常の過ごし方を含め、時間の使い方が少し変わった印象ですね。

一つのことに時間をかけることができるようになったという意味でもそうですし、今までと比  べるとゆっくりできた年だったなと思います。自分の好きなことをやってみたり、好きなものを見たり。そういうことに時間が使えたのは自分にとって大きな収穫でしたね。


2022 年はどういう年にしたいですか?

2022年は自分にとっても、ちょっと想像がついていない年です。

基本的には、目の前にあることにしっかり向き合う年になるのかなとは思いますけど、時間をかけてやらせていただく仕事もありますし、これまでとはまた違った景色が見えるかな、なんて期待しながら頑張りたいです。

※本記事は掲載時点の情報です。

関連タグ