松本まりか「台本にないことやられると困るんです!」コントに急遽参戦

TV 公開日:2021/12/28 10
この記事を
クリップ

過去4回放送された『チョコプラ修羅場劇場』がタイトルも新たにパワーアップ。実際にあった事件や誰もが共感するトラブルを、チョコレートプラネットを始めとする人気芸人達がナマ再現。さらに、ゲストである板倉俊之インパルス)、滝沢カレン向井慧が導き出したトラブル解決法を、即興で演じる。新感覚コント番組『チョコプラ即興劇場』、年末の深夜に爆笑必死だ。



写真が撮れないことに腹を立てた撮り鉄集団が、通行人に詰め寄り罵声を浴びせたというこのトラブル。即興劇場では、線路沿いでデートをする長谷川忍シソンヌ)とヒコロヒーに、撮りたかった貴重な写真が撮れなかったと、じろう(シソンヌ)、中野周平(蛙亭)、松尾駿(チョコレートプラネット)、林田洋平ザ・マミィ)演じる撮り鉄集団が、あれやこれやと難癖をつけて襲い掛かる。コントを見たゲストがこのトラブルの解決法を回答。ベストアンサーを劇団員たちが即興コントで上演する。


【画像】番組 別カットを見る(全19枚)


向井は「月9ばりのラブシーンを撮り鉄に撮らせる」といったアイデアを披露、滝沢カレンは「長谷川さんが貴重な電車、幻の車両を体で表現する」といった斬新な答えを示す。即興コントではあるが、そこは人気と実力を兼ね備えた劇団員たち。ヒコロヒーが往年の月9ドラマ名ゼリフを唱え、中野が月9ドラマ名曲を奏で、大爆笑をかっさらう。果たして長谷川は幻の車両を表現できるのか。


近年、新しいライフスタイルとしてすっかり定着したミニマリスト。中には、モノを捨てるのはいいことだという自分の価値観を押し付けてくる、いきすぎた迷惑ミニマリストも存在する。ヒコロヒーの部屋に来た、じろう演じる断捨離の達人・近藤守子=こんもりが大暴走。「よろめくか、よろめかないか、で捨てるモノを決めている」と言い、ヒコロヒーのモノをどんどん処分、最終的には「ここはめぞん一刻よ!」と壁まで破壊処分していく。


MCのチョコレートプラネットは「かなり気合入ってましたね」とじろうの熱演を絶賛。コントのオチとなる「こんもりをどう対処すればいいのか?」という問に、滝沢カレンは「ヒコロヒーさんも一緒によろめきダンスを、最後は全員で踊る」と解答をする。向井慧は「“よろめいたら残す”メソッドの、松本まりか=まつまりが出てくる」と答え、MC松本へムチャブリ。結果、松本まりかがコントに急遽参戦。「台本にないことやられると困るんです!」と焦る松本まりか。「どっちが看板(女優)か白黒つけましょう!」と挑発するじろう。果たして即興コントの結末は。


コロナ禍で人との関わりが少なくなり、人恋しさの反動からやたらと接近してくる「トナラートラブル」が急増中。座席が空いた電車に乗る長谷川忍(シソンヌ)に、中野周平(蛙亭)、酒井貴士(ザ・マミィ)、長田庄平(チョコレートプラネット)演じる“トナラー”が襲い掛かる。酒井はキングオブコントのあのキャラで参戦!?迷惑な爆笑トナラ―を演じる。トラブル回避の方法として、板倉による「酒井に空気を入れて爆発させる」という回答がまさかの採用。MC松尾が「中野くんも爆発させたい!」というムチャぶりも加わった即興コントはまさかの展開に。


■『解決!チョコプラ即興劇場』

12月30日 夜11:59~00:54 読売テレビ・日本テレビ系全国ネット

(C)読売テレビ


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 19件)