『月曜から夜ふかし』元日SP 桐谷さん&フェフ姉さんに密着、驚愕の新作マジックも

TV 公開日:2022/01/01 13
この記事を
クリップ

昨年に引き続き、月曜深夜の人気番組『月曜から夜ふかし』が元日よる9時から放送。深夜とは違うお正月バージョンの特設スタジオセットから「日本の大大大問題一斉調査スペシャル」と題し、お正月の日本列島に「夜ふかし」ならではの初笑いを届ける。

【画像】番組 別カットを見る(全5枚)



まずは、株主優待だけで生活する桐谷さん~年末にどうしてもやりたいこと~。桐谷広人さん(72歳)は元プロ棋士で、多くの株を保有する投資家。日々の生活を優待だけで賄うのは当たり前、むしろ山ほどある優待券を使い切らねばという使命感から、自転車で爆走する毎日を送っている。そんな桐谷さんの2021年の年末に密着。


前回のスペシャルで桐谷さんの部屋をスタッフで大掃除してから2ヵ月、部屋はどうなっているのか訪ねてみると、桐谷さんの散らかす力はもはやハリケーン並み…。散らかった理由の一つが、「パンツがみつからないから」だという。パンツの捜索を始めたスタッフは、趣味で集めていたという意外なモノや、以前追っかけをしていたというある女性との2ショット写真、思い出のガラケー携帯など捜索の手を止めるアイテムが続々と発掘される…。桐谷さんのパンツ捜索と共に、新年に向けて年末までにやりたいことを聞いてみると、「顔のシミを取りたい」「髪の毛を増やしたい」という。


前回の放送では、自分が今までチャレンジしてきたことが年相応でないことを知り、初めて『終活』を意識し始めた桐谷さんをお届けしたが、今回は『若返り』をテーマに「桐谷さんが年末にどうしてもやりたいこと」に密着する。はたして、シミ取りと増毛で桐谷さんは若返るのか。そのほか、あの「有名テーマパークに行きたい」など、株主優待で暮らす桐谷さんの今を送る。


また、2016年に東京・渋谷の街頭インタビューで偶然出会い、全国のフェスリポート、TOEIC受験、婚活などにチャレンジしてきたフェフ姉さん。2020年8月の放送でキックボクシングのプロを目指すと宣言し、初勝利に向けて過酷なトレーニングをつみ大会にのぞむフェフ姉さんに今回も密着。ちょうど1年前の元日スペシャルでは、トレーニングを始めて4か月でアマチュア大会に出場し、結果は判定負け。そして前回10月に放送したアマチュアマッチでも再び判定負けで悔し涙を飲んだ。


実は、この試合の2週間後にフェフ姉さんは再びリングに立っていた。この強行スケジュールは新田コーチの作戦。試合だと緊張から全部忘れてしまうフェフ姉さんをとにかく試合に慣れさせるためだという。得意のローキックで相手を押し切るが、結果はいかに…。そして、今回のSPではフェフ姉さんの両親が初登場。娘の活躍を温かく見守る両親の娘に負けない強烈キャラにも注目だ。


さらに、これまで数々の凄いマジックを見せてくれたマジシャンGOが、スタジオにやってくる。また今回もマツコと村上が驚愕する新作マジックを披露。そのほか、「全国ご当地問題」「街行く人のふるさと自慢を聞いてみた件」など、新春にふさわしい豪華ラインナップで放送する。


■『月曜から夜ふかし 元日スペシャル』

2022年1月1日(土・祝) 21:00~23:00(日本テレビ系 全国ネット)
出演:村上信五マツコ・デラックス

(C)日本テレビ


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 5件)