志尊淳『モンスト』CM共演の3人に「なんていい人たちなんだ」

TV 公開日:2021/12/28 12
この記事を
クリップ

満島真之介染谷将太矢本悠馬志尊淳を年間のイメージキャラクターに起用した『モンスターストライク』(以下、モンスト)のTVCM『地球にはモンストがある。』シリーズが公開中。このたび、12月28日(火)より、新TVCM『地球にはモンストがある「福引」篇』の放送を新たに開始する。



本シリーズは、満島真之介、染谷将太、矢本悠馬、志尊淳扮する宇宙人4人組、ミツ、ソメ、ヤモ、シソが、地球に降り立ち、「はじめての地球」で見る光景に驚き、テレパシーでの会話を楽しみながら、『モンスト』を追い求めるCM。


▼過去シリーズのインタビューなどはこちら


シリーズ7作目となる本作では、お馴染みの宇宙人4人組が1等の景品としてスマホが当たる福引を発見するシーンから始まる。6作目のCMでスマホづくりに失敗した彼らは、1等を当てて念願のスマホをゲットすべく福引に挑戦。しかし、ヤモ、シソ、ソメの順に果敢にガラポンを回すも、当たるのはたわしやタオルばかり。最後を締め括るミツの手には力が入り、周りの応援もヒートアップしていく。彼らは見事1等を当て、スマホをゲットできたのか。果たして『モンスト』にたどり着くことができるのか。

チームワークにさらに磨きがかかった今回の現場。出演者4人も和気あいあいとした雰囲気で、撮影の合間も笑いが耐えない様子。映像チェックでは、自分や共演者の動きや表情に思わず笑ってしまう場面も。全力でガラポンを回す4人の演技に注目しよう。


そんな彼らに撮影の感想を聞くと、7作目の撮影ということで、「板についてきたんじゃない?」という満島に「前半よりはカロリーコントロールができるようになった」「宇宙人の格好にも違和感がなくなってきた」と話す矢本、満島。志尊から「でも、満島さん矢本さんの貪欲さはすごいですよ」と言われた満島は、「バランスが良い4人なんです」と4人のチームワークの良さについて語った。


今年運が良かったエピソードについて満島は、「みんなで元気でここにいられることです」と語り、共演する3人への感謝の気持ちを伝えた。1作目の放映開始時に行われたCM発表会には、3人で登壇した満島、矢本、染谷。志尊不在の当時の様子を思い出し「とても心細かった。戻ってきてくれた時は本当にアガったよね」とコメントした。これを受け志尊は「あの動画を見てなんていい人たちなんだ、早く戻りたいと思ってました」と振り返った。


1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 41件)