広瀬アリスのASMRにも注目『失恋めし』約5分の“飯テロ”特別予告解禁

TV 公開日:2021/12/28 14
この記事を
クリップ

広瀬アリス主演、読売テレビ制作のドラマ『失恋めし』が、Amazon Prime Videoにて2022年1月14日(金)から全10話一挙独占配信をスタートする。このたび、本編の美味しいシーンをたっぷり盛り込んだ長尺の特別予告が解禁となった。




木丸みさきのコミックエッセイ『失恋めし』(KADOKAWA刊)を原案とし、『勝手にふるえてろ』(2017)『私をくいとめて』(2020)などの話題の映画を手掛ける大九明子監督がメガホンを取った本ドラマ。2022年7月には読売テレビにて地上波放送を予定している。


主人公・キミマルミキを演じるのは、ドラマ・映画など話題作への出演が相次ぎ、人気と実力をともに兼ね備えた今最も注目を集める女優・広瀬アリス。広瀬が演じる主人公のキミマルミキは、地元紙に“失恋めし”というマンガ連載を持ち、日々連載のネタとなる失恋エピソードを探しているイラストレーターだ。


レギュラーキャストは、ミキがほんのり恋心を抱く近所の花屋の青年を、若手実力派俳優の井之脇海、ミキが連載する地元紙の出版社・STO企画(佐藤さんという苗字の社員ばかりが集う)の面々には、村杉蝉之介臼田あさ美安藤ニコが個性豊かでチャーミングなキャラクターとなって集結、近所のお弁当屋の佐藤さんを若林拓也が演じ、本作のおいしいスパイスとなっている。


さらに、各話ゲストとして門脇麦前野朋哉小西桜子三浦透子大友花恋紺野ぶるま深川麻衣、そして、林遣都というフレッシュで豪華なキャストが顔を揃える。ミキとともにおいしいめしを味わううちに傷ついた心がいつしか癒され前向きな気持ちになっていく。

▼各話ゲストの詳細はこちら


そして今回公開されたのは、年明け早々に配信がスタートする本作の見どころを、惜しみなく詰め込んだ約5分の長尺本編映像。ゆる~くて心地よい世界感と登場人物たちのユニークなキャラクターが垣間見られる中、門脇麦演じるサバ子が「私たち、付き合ってたよね?」と首をかしげ、前野朋哉演じる部下が上司に「婚約を解消されました」と報告し、深川麻衣演じるエイコが「本当に好きな人は別にいて…」と告白するなど失恋人たちの意味深な失恋のキーワードが漏れ聞こえてくる。


さらに、大九監督が特にこだわった、ミキが食べる時の“美味しい音”にも注目だ。撮影時に広瀬は大九監督から「とにかく美味しく食べて」と声を掛けられたと言い、食べる時のクセや、美味しくてつい出てしまったアドリブがそのまま活かされているシーンもあるそう。ねぎ焼き、カニコロ、大学いもなど、次々に頬張り、幸せな笑みを浮かべるミキの姿を観ていると、おなかがグーグーなり、美味しいめしが食べたくなること間違いなしだ。


本作は、すべて実在する飲食店で撮影を行っており、各話ごとにそのお店の人気メニューが続々登場。失恋の数だけ忘れられない思い出の味がる。全10話で紡ぐ『失恋めし』に期待しよう。



【ストーリー】
恋のはじまり方は…いろいろ。恋のおわり方も…いろいろ。でも、どんなおわり方をしても、おなかはすく。
ひとつの恋がおわったとき、元気をくれたのは、あの味だった—。

イラストレーターのミキ(広瀬アリス)は、フリーペーパーで“失恋めし”というエッセイ漫画を連載中。失恋の思い出と、それにまつわる“めし”の話を集めて描いているのだが、最近はネタ切れ気味で困っていた。ネタになる失恋がどこかに転がっていないかと悩むミキは、ある日縁結びの御利益がある神社で「いい失恋に巡り合えますように」と手を合わせる。すると、思い詰めた表情の女性を見かけ、後を付いて定食屋に入り、女性の失恋エピソードを聞くことに。これを機にミキは街中で失恋した人々と彼らの思い出の味に巡り合うことに――。



■ドラマ『失恋めし』(全10話)
【配信開始日】2022年1月14日 Amazon Prime Video にて一挙独占配信
【放送開始日】読売テレビ2022年7月放送予定
【出演】広瀬アリス、井之脇海、村杉蝉之介、臼田あさ美、安藤ニコ、若林拓也
【原案】木丸みさき『失恋めし』(KADOKAWA刊)

©木丸みさき・KADOKAWA/ytv


※本記事は掲載時点の情報です。