『ラジハ2』本田翼の蔵出しオフショットに歓喜の声「キュートすぎ」「天使降臨」

TV 公開日:2021/12/21 9
この記事を
クリップ

俳優の窪田正孝主演のフジテレビ系“月9”ドラマ『ラジエーションハウスII~放射線科の診断レポート~』が20日、アメーバオフィシャルブログを更新。女優の本田翼の蔵出しオフショットを公開した。



本作は、現在「グランドジャンプ」(集英社)で連載中の同名コミックが原作で、2019年4月期に放送された月曜9時ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』の続編。窪田演じる「写真には必ず真実が映る」と信じる診療放射線技師・五十嵐唯織が“ラジエーションハウス”の仲間たちと力を合わせ、数々の患者の命を救っていく物語。



特別編放送前、「本田翼さんの蔵出しオフショット」と題して更新したブログ。絵文字やハッシュタグを交えながら「「#ラジハ2」最終回の現場から#本田翼 さんの蔵出しオフショット」「撮影はまだ暑かった頃に行われていたので」と説明し、熱中症対策で氷嚢を頭に乗せながら笑顔でカメラを見つめる本田のオフショットを初公開した。ドラマスタッフも「この素敵な笑顔と持ち前の明るさは まさにラジハ現場の清涼剤でした」と振り返りながら、「#翼の名を持つ天使」とコメントした。


また、同じ日に「オカダ・カズチカ 選手」「普段着の唯織」と題して立て続けに更新したブログでは、特別編に出演する今年7年ぶり3度目のG1 CLIMAX優勝を果たした新日本プロレス所属のオカダ・カズチカ選手の役どころについて「オカダ選手は、とある検査を受けるために甘春総合病院を訪れる患者役で登場します」と説明し、撮影風景ショットなどとともに「「いい演技ができた」と語るオカダ選手の演技にご注目ください」と呼びかけたり、「オールアップの日は柵に腰掛けて川の流れる音に耳を傾けたり ときおり川面を眺めたりして 芝居の合間は自然体で過ごされていて その力みの無さこそ 窪田座長らしさなのかなと感じました」と窪田演じる唯織のソロショットも4枚公開した。


この投稿にファンからも「いいね」「キュートすぎ」「天使降臨」「キャーーーー可愛いすぎッ」「ばっさーの笑顔は癒し効果抜群ッ」「素敵な笑顔」「本当に天使の翼が見えてきそうな気がします…」や、「自然体がカッコよすぎ」「最高です!!」などの声が寄せられている。


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 8件)