“バディ”豊川悦司&中村倫也、早くも続編へ意欲『No Activity/本日も異状なし』

TV 公開日:2021/12/22 9
この記事を
クリップ

Prime Video は、連続ドラマ『No Activity/本日も異状なし』を12月17日より、プライム会員向けに独占配信中。

この度、型破りな刑事のバディ・時田(豊川悦司)と椎名(中村倫也)の張り込み現場、捜査現場に指示を出す指令官コンビ・美里(木村佳乃)と阿漓羅(清野菜名)の無線連絡室、そして犯人グループの諌山(岸谷五朗)&一条(岡山天音)、そして人質の茉莉(岸井ゆきの)の麻薬取引現場の撮影裏を映し出したメイキング映像が解禁となった。


豊川や中村をはじめとする豪華なキャストたちの絶妙な掛け合い、そして想像の斜め上をいく予想もできない展開など、配信前から大きな話題を呼んでいた本作。カスタマーレビューには、“トヨエツと中村倫也くんの掛け合いが最高。もっと続きが観たい!”や“最高のバディ!!続編を早くみたい~”など、早くも時田&椎名ロスの声が溢れている。今回解禁になった映像には、そんな話題沸騰中の本作の撮影裏が映し出されている。


メイキング映像での撮影現場では、作中の時田&椎名のバディを思わせる、豊川と中村の仲の良さが映し出されている。現場は活気と笑い声に溢れ、キャストとスタッフが一丸となって本作を創り上げたことが伺える。


一方無線連絡室では、木村と清野が、英監督と役作りに関して入念に打合せをしている様子も映し出され、こだわりの詰まったクセの強いキャラクターの誕生の瞬間を垣間見ることがでる。


更に麻薬取引の現場となる倉庫では、岸谷五朗、岡山天音、岸井ゆきのら3人の、初共演とは思えない見事な掛け合いに、現場は笑いの渦に包まれる。この他、豊川と岸谷のベテラン俳優同士の出会いの瞬間など、豪華なキャストたちの本編では絶対に見ることのできない貴重な姿が映し出されている。


オールアップを迎えた中村は撮影を振り返り、「こういう仕事がしたくて役者になったんだなと思いました」と語り、充実感に満ち溢れた様子を明かしながら、「大人になってもこんなに楽しい仕事をさせてもらって、嬉しかったです。2があったら是非室内で!」と続け、現場の笑いを誘いながらも続編への意欲を示した。そして豊川もまた、「とても楽しい現場でした。シーズン2があったらぜひ参加したいと思います」と語り、中村と口をそろえて続投への熱い意志を見せ、最後まで息のあったバディぶりを見せてくれた。


【インタビュー】中村倫也、夢は豊川悦司家の風呂掃除「墓石に刻みたい」


時田と椎名のありえないバディと、彼らをとりまく一癖も二癖もある登場人物たちが織りなす軽妙な会話劇。そしてそれぞれが次第に結びついてゆく、我々の想像を超えた物語。日本を代表する豪華俳優陣と、今を賑わすスタッフ陣が手を組んで誕生した、新感覚で型破りな刑事コメディドラマ『No Activity/本日も異状なし』は、12月17日よりPrime Videoにて見放題独占配信中。


▼『No Activity/本日も異状なし』|型破りな刑事ドラマのメイキング映像解禁



 『No Activity/本日も異状なし』

Prime Videoにて独占配信中

話数: 本編6話一挙配信

出演:豊川悦司、中村倫也/木村佳乃、清野菜名/岸谷五朗、岡山天音、岸井ゆきの

監督:英勉

脚本:じろうシソンヌ)、土屋亮一

音楽:松本晃彦

©2021 Amazon Content Services LLC

※本記事は掲載時点の情報です。