『二月の勝者』最終回 "オフ黒木"も見納め、柳楽優弥が見どころ語る

TV 公開日:2021/12/18 16
この記事を
クリップ

最終回・第10話 あらすじ

新年を迎えた桜花ゼミナール。二月の受験本番までいよいよ残り一カ月となり、 本命校の受験前に予行演習として「一月受験」をする生徒たち。
受験会場前では佐倉(井上真央)や桂(瀧内公美)に見送られ、緊張しながらも次々と会場に入って行く子供たち。
黒木(柳楽優弥)は、島津(羽村仁成)が急遽受験することになった学校へ応援に駆けつる。可能性は五分五分のチャレンジ校ではあったが、黒木はそこで目にした島津の精悍な姿に合格を確信する……。
受験本番の前日、1月31日。各教室では緊張や不安を抱えた生徒たちに、橘(池田鉄洋)、桂、佐倉が、それぞれの言葉で励まし、エールを送った。黒木もまた、この一年の桜花ゼミナールの校長としての特別な思いを抱くのだった。
そして、決戦の日、生徒たちはそれぞれの想いを胸に受験会場へ向かって行った。
果たして、生徒たちは全員合格して「二月の勝者」となれるのか−−。


■『二月の勝者-絶対合格の教室-
最終回 12月18日(土)よる10時放送(日本テレビ系)

(C)日本テレビ


2/2ページ

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 5件)