『二月の勝者』柳楽優弥&加藤シゲアキ クランクアップ、生徒たちの登場に「嬉しい!」

TV 公開日:2021/12/17 12
この記事を
クリップ

いよいよ、明日よる10時に最終回を迎える、主演・柳楽優弥が最強で最悪なスーパー塾講師・黒木蔵人を演じる、土曜ドラマ『二月の勝者-絶対合格の教室-』。“ユウシゲ”=“黒木&灰谷”が笑顔でクランクアップを迎えた。



スーパー塾講師・黒木蔵人役の柳楽優弥と黒木に執着してきた「ルトワック」のトップ講師・灰谷純役の加藤シゲアキがクランクアップ。役柄では、ライバル校の塾講師でありながら、お互いを“ユウヤとシゲ”と呼び合う仲良しコンビが笑顔で感謝のコメントを寄せた。


黒木が「ルトワック」を辞めた理由を追及する灰谷が自分なりの答えを黒木に告げる、二人のラストシーンが終わり、スタッフから「灰谷純役、加藤シゲアキさんクランクアップです!」の声がかかると、柳楽から「お疲れ様でした~!」と花束を贈呈。スタッフ・キャスト大拍手の中、加藤は、「一年延期しましたが「二月の勝者」に参加できて、無事撮影が終われて本当に良かったなと思います。僕は、ほぼストーカーしていただけでしたけど……(笑)。大変な撮影の中でも、チームワークよく、楽しく撮影でき、良い現場だなと思いました。また、どこかで皆さんと会えることを楽しみにしております。有難うございました!編集頑張ってください!」と加藤らしい気遣いをみせながら感謝をのべた。


そして、最後に黒木が空を見上げる、柳楽一人での撮影が終わると、柳楽のクランクアップを待っていた「桜花」の生徒たちがサプライズで登場。柳楽も「やった~!嬉しい!」と笑顔を見せた。キャスト、スタッフの大拍手に包まれながら柳楽は、「この作品に関わって、子どもたちの成長を見て、自分自身も学ばせていただきました。主演として、自分もたくましくなれたなと感じます。何よりスタッフさんとキャスト、全員のチームワークがとても良くて本当に感謝しています。また皆さんとお会いできるように僕自身も頑張ります!有難うございました!」と満面の笑顔で感謝のコメントを寄せた。


いよいよ明日、『二月の勝者-絶対合格の教室-』最終回。ついに受験の日を迎え、生徒たちはそれぞれの想いを胸に受験会場へ――。果たして、生徒たちは全員合格して「二月の勝者」となれるのか――。生徒の成長のみならず、塾講師や親など大人たちの心の変化も最後まで見逃せない展開となっている。最終回放送当日は、Twitterで「#二月の勝者がんばれ受験生」でツイートして盛り上がろう。最終回は、12月18日(土)夜10時から放送。「桜花ゼミナール」子供たちの勇姿をリアルタイムで見届けよう。


▼『二月の勝者』がんばれ受験生まとめ


【最終回・第10話 あらすじ】

新年を迎えた桜花ゼミナール。二月の受験本番までいよいよ残り一カ月となり、本命校の受験前に予行演習として「一月受験」をする生徒たち。受験会場前では佐倉(井上真央)や桂(瀧内公美)に見送られ、緊張しながらも次々と会場に入って行く子供たち。黒木(柳楽優弥)は、島津(羽村仁成)が急遽受験することになった学校へ応援に駆けつる。可能性は五分五分のチャレンジ校ではあったが、黒木はそこで目にした島津の精悍な姿に合格を確信する……。

受験本番の前日、1月31日。各教室では緊張や不安を抱えた生徒たちに、橘(池田鉄洋)、桂、佐倉が、それぞれの言葉で励まし、エールを送った。黒木もまた、この一年の桜花ゼミナールの校長としての責務に、特別な思いを抱くのだった。そして、決戦の日、生徒たちはそれぞれの想いを胸に受験会場へ向かって行った。果たして、生徒たちは全員合格して「二月の勝者」となれるのか――。



■『二月の勝者-絶対合格の教室-

最終回 12月18日(土)よる10時放送
出演者:柳楽優弥 井上真央 加藤シゲアキ 池田鉄洋 瀧内公美 今井隆文 加治将樹 住田萌乃 岸部一徳 他
原作:『二月の勝者-絶対合格の教室-』高瀬志帆(小学館「週刊ビッグコミックスピリッツ」連載中)
主題歌:DISH//『沈丁花』(ソニー・ミュージックレコーズ)
テーマソング:NEWS『未来へ』(Johnny’s Entertainment Record)

(C)日本テレビ

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 3件)